ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

ほうれい線

ほうれい線とは?シワやたるみと何が違う?それぞれの関係と原因について

更新日:

年を重ねるごとに肌トラブルが増えてきますよね。

特に鼻の脇から口元にかけてできる深いシワのほうれい線は、なかなか消すことができず厄介なものです。

 

しかし、このほうれい線は口周りと頬の筋肉の境界線でしかないのです。

ほうれい線と呼ばれているものは、実はたるみでもシワでもないのです。

 

では、なぜこのようにほうれい線は深く彫られていてしまうのでしょうか。

 

今回はこのほうれい線とたるみ、シワについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ほうれい線とたるみは同じじゃないの?

ポーラ文化研究所があるアンケートを行ったようです。

 

それは、

 

将来不安に思う肌の老化現象

 

のアンケートです。

このアンケートの結果、40歳以上の50%以上がほうれい線が気になると答えていました。

45歳以上はなんと、約60%以上がたるみが気になると答えていたようです。

 

自分の将来のお肌を考えてしまうと、真っ先にほうれい線とたるみが気になってしまうのではないでしょうか?

しかし、実はこのほうれい線のたるみは似ているようで全然違うのです。

ほうれい線が目立ってしまう原因としては、4つのことが原因に挙げられています。

 

  • 膚たるみ型肌のたるみそのものが原因となってしまうもの。
  • 骨くぼみ型→小鼻の脇にある骨のくぼみが原因となってしまうもの。
  • 筋肉型頬の筋肉が強く緊張してしまうためにシワができてしまうもの。
  • 混合型→上記で説明した3つの原因が合わさってしまったもの。

 

歳を重ねてしまうことに深く刻まれてしまうほうれい線は皮膚たるみ型のタイプが多いです。

そのために、私たちの頭の中ではほうれい線とたるみは一緒だという知識が認知されてしまったのかもしれませんね。

しかし、ほうれい線とたるみは全く違うものであるので、たるみが必ずしも原因だというわけではありません。

 

どうして肌はたるむの?

歳を重ねるにつれ肌のたるみを気にしてしまう方が多いのではないでしょうか?

 

このたるみは皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが少なくなってしまったり、変質してしまったりすることでできてしまうものなのです。

皮膚は皮下組織、真皮、表皮の3つから成り立っています。

真皮は厚さ2ミリほどの膜で、下から表皮を支えている役割を担っています。

 

真皮の中にはコラーゲンとエラスチンと言われているタンパク質が結合しています。

網目のようにそれらが結合されているのですが、その内側に保水成分を含むヒアルロン酸等を抱え込んでいます。

 

そして、神秘組織を内側から守っているのです。

これがワイヤーの役割を果たしているために、肌の弾力やハリが生まれるのです。

若い間は新陳代謝が活発なので、体の中でエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分がたくさん構成されています。

そのため若い子のお肌は水を弾くようなハリのあるお肌で、みずみずしい肌質を持っているのです。

 

しかし、歳を重ねるごとに新陳代謝が低下してしまいます。

体の中で十分なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が生まれにくくなるので、肌を支えていたワイヤーが緩んでしまい、たるみの原因になってしまうのです。

 

たるみの原因は老化だけじゃなかった

実は、たるみの原因は老化によって新陳代謝が低下してしまうだけではなかったのです。

老化現象によって肌は乾燥しやすく、さらに皮下脂肪が多いためたるみが起きやすくなってしまうのです。

では次に、老化現象以外でなぜたるみができてしまうのかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

乾燥によるたるみ

たるみは乾燥が原因でもできるのですが、その乾燥でも2種類があります。

真皮の層の保湿成分が不足してしまうことでできてしまうタイプと、表皮の層が乾燥してしまうことでできてしまうタイプの 2種類です。

まず、真皮の層の保湿成分が不足してしまうことでできるたるみですが、これはハリがなくなり皮膚が伸びた状態のシワのことを指します。

次に、表皮が乾燥してしまう事でできてしまうたるみは、細かいシワがたるみの周りにできてしまう状態のことを指します。

 

シワの出来具合によって見分けることができるので、自分のたるみはどちらに分類されるのか確認してみましょう。

 

皮下脂肪によるたるみ

また、たるみは乾燥だけではなく皮下脂肪が原因でできてしまうこともあります。

皮下脂肪が多いと、脂肪を支えるはずの皮膚が耐えれなくなってしまいたるみが起こってしまうのです。

歳を重ねるごとに皮下脂肪の重みは増してしまうため、たるみが起きやすくなっているんですよ!

 

しかし、若いから皮下脂肪が原因でたるみが起きることがないと油断するのは危険です。

乱れた食生活を送っていると、皮下脂肪が増えてしまいたるみの原因にもなってしまうので、生活習慣もしっかり見直してみましょう。

 

表情筋の衰えによるたるみ

皆さんの周りには、若いのにほうれい線が目立って見えるという方はいらっしゃいませんか?

その原因は表情筋が衰えていることが原因で、目立ってしまうことが多いです。

笑ったり泣きもせず、無表情で生活を送ってしまうと、表情を作る側の筋肉が衰えてしまいます。

 

その結果、筋肉の皮膚を上げる力も衰えてしまい、皮膚が下がりたるみになってしまうのです。

 

ほうれい線とたるみの関係

ほうれい線やたるみには様々な種類があります。

自分の気にしているほうれい線がどの項目に当てはまるかで、原因やお手入れ方法は違ってきます。

 

ですので、自分がどの項目に当てはまるのかチェックしてみて下さい。

ほうれい線の種類やそのお手入れ方法について説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

乾燥による表皮のたるみ

紫外線や乾燥が原因でできてしまうたるみなのですが、このたるみは最も浅くできるタイプのものです。

自分のお肌をチェックしてみてください。

細かなちりめんじわみたいなものが皮膚の表面にちりばめられていませんか?

 

もし、そのような症状が見られたらこのタイプと言って間違いないでしょう。

比較的保湿や化粧品などでお手入れするだけで改善しやすいタイプなので、すぐお手入れに移っていきましょう。

保湿成分が多く含まれている化粧品を選び、肌にしっかり浸透させるように上にリストアップさせながら塗るようにすると良いですよ。

 

ハリ不足による真皮のたるみ

これは、コラーゲンやエラスチンが不足してしまうことでできてしまうたるみです。

真皮層で活躍しているコラーゲンとエラスチンが不足してしまうと、お肌にハリがなくなってしまいます。

 

お肌に弾力やハリがなくなってしまったせいで、みずみずしさのないしわしわのお肌になってしまうのです。

年配の方でお肌のたるみを気にしておられる方は、このタイプのたるみの方が多いです。

 

このたるみを改善するためには、不足していたコラーゲンをお肌の中に足すことが重要です。

現在ではコラーゲン不足を解消する化粧品や注射などもあるので、病院などに行って聞いてみるのも良いかもしれませんね。

 

さらに、レーザーマシンや超音波マシン等の機械を使ってコラーゲンの合成を促すことができるものもあるので、そちらもオススメです。

これらの機械を使う際には、専門家からしっかり説明を受けて施術を受けるようにしましょう。

 

年齢からくる脂肪のたるみ

このたるみは脂肪の多いふくよかな体型をしている方に現れやすいものです。

歳を重ねるにつれ皮膚が弱まり、脂肪の層を皮膚が支えられなくなってしまうのです。

 

その結果、脂肪が下に垂れ下がってしまい、たるみになってしまうのです。

重力に脂肪や皮膚が逆らえなくなってしまってできるたるみなのですが、治療法はいくつかあります。

どのようにたるみを改善したいのかで治療法が変わってくるので、しっかり医師に自分の意見を伝えることが大切です。

 

一般的には糸を使っての切開手術がよく使用されている治療方法です。

 

老廃物や水分が溜まったむくみ

このたるみは老廃物や水分が体の中に溜まってできてしまうものです。

このたるみができやすい人の特徴は、ずっと座り話の仕事をしていたり、立ち話の仕事をしていたりする人に多いです。

老廃物や水分がうまく体の外に放出されず、皮膚に残ってしまうのでむくみがたるみに変わってしまうのです。

 

ですので、このような立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている方は、むくみに気をかけてあげなければなりません。

むくみを解消するためのストレッチやエクササイズを生活習慣に取り入れて少しずつでもいいので毎日継続するようにしましょう。

 

シワが深くなるとほうれい線になるの?

一般的にほうれい線と肌のたるみは紙一重と言われていますが、最大の肌トラブルと言われているシワも見逃すわけにはいきません。

ほうれい線は線という文字があるために、線で書いたような太いシワのことだと認知している方が多いのでないでしょうか?

 

果たしてシワはほうれい線やたるみとどのような関係があるのでしょうか?

実際にほうれい線の部分に細かいシワ大きいシワがあり、悩んでいる人もいらっしゃるようです。

 

そこで次に、ほうれい線とシワの関係性について説明していきますので、ご紹介していきます!

 

シワの種類は3つある

ほうれい線とたるみについて紹介していきましたが、シワも肌トラブルではかかせない問題ですよね!

シワは3種類に分けられているので、種類ごとに細かく説明していきます。

 

乾燥ジワ・表皮性のシワ

肌の表面上だけにできる、あまり深く刻まれていない薄く細かいシワのことです。

歳を重ねるごとに体全体の新陳代謝は低下してしまい、ターンオーバーもあまり活動してくれません。

乾燥や紫外線などの外的要因によって、肌の水分が奪われていってしまうのです。

これは年配の方だけではなく、若い世代でも起こりやすい要因なので、油断は禁物です。

 

できる場所としては、皮膚の薄い箇所や口元などが挙げられます。

俗に言うちりめんジワや小じわと言われているものが分類されます。

 

たるみジワ・真皮性のシワ

表皮ではなく、お肌の真皮がたるんでしまうことが原因でできるシワのことを指します。

老化や紫外線などの外的要因によって、真皮層の中のエラスチンやコラーゲンが失われてしまいます。

表皮を支えるはずのお肌の土台が無くなるということなので、簡単には改善することができない可能性があります。

 

このシワの一番の原因はやはり、加齢が原因となってしまうお肌の老化です。

俗に言うマリオネットラインや額じわのことを指しています。

 

表情ジワ・表情筋に沿ってできるシワ

このシワはその名の通り、笑ったり怒ったりなど顔の筋肉を使うことでできるシワのことです。

若いうちは肌の弾力やハリが十分にあるので、顔の筋肉を使ってもすぐに元に戻るのですが、やはり歳を重ねるごとに元に戻す力が弱くなってしまいます。

歳を重ねるうちにお肌の保湿力が下がってしまい、たるみの時と同じようにエラスチンやコラーゲンの成分が抜けてしまうのです。

その結果、笑いじわや眉間のシワなど顔の表情によってできるシワができてしまうのです。

 

たるみジワがほうれい線をさらに目立たせる

ほうれい線ととたるみ、しわの 3種類の肌トラブルを上げていきましたが、この中で親密な関係であるのがほうれい線とたるみジワなのです。

ほうれい線の原因は肌のたるみであることを上記で説明していきましたが、ただの肌のたるみだけがそこまで深いほうれい線はできません。

 

しかし、それを放っておくとたるみジワになってしまい、皆さんの悩みの種となってしまうほうれい線が出来上がってしまうのです。

それだけではなく、上記で乾燥が原因でたるみができてしまうことも説明していきましたが、このこともほうれい線を目立たせてしまう原因になってしまうのです。

この3つの関係性を表してみましょう。

 

  • ほうれい線の原因はシワではないこと
  • たるみはほうれい線だけでなく、シワの原因にもなってしまう

 

もちろん、この3種類はまったくの別物なのですが関係性はとても強いです。

この関係性を理解してお手入れをすることで、ほうれい線やたるみ、シワで悩んでいる方も肌トラブルを解消することができるかもしれません。

 

まとめ

このほうれい線とたるみ、シワの3つはお互いが深く影響しあっている環境にあります。

これらの肌トラブルを改善するためにも、何が原因なのか、これらの3つの関係性をしっかり理解することが大切です。

しっかり関係性を理解した上でお手入れをした方が、今よりも格段に症状を改善することができるかもしれません。

 

乾燥を予防するために保湿対策をしっかりしたり、外に出る時は紫外線対策をしたりなど肌を守ってあげることが大切です。

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば、幸いです。

 

*もっとお手軽にほうれい線を改善できるビーグレンの効果をチェックしてみましょう!

必見!
ビーグレンでほうれい線の悩みが解決するって本当?!購入者のリアルな口コミ効果とは?

年齢を重ねるごとに気になるのがシミやしわとともに、ほうれい線のたるみです。   「ほうれい線さえなければ、もっ ...

続きを見る

-ほうれい線

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.