ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

ほうれい線

ほうれい線を効果的に消す方法とは?20代・30代・40代以降の年代別に原因を調査

投稿日:



小鼻の横から口元にかけて深く刻まれてしまうほうれい線は気になってしまうものですよね。

八の字のようなシワができてしまうと、実年齢よりもさらに老けて見えてしまうことがあります。

鏡の前で自分の顔を見るたび深いため息をついている方も多いのではないでしょうか?

 

では、なぜほうれい線はできてしまうのでしょうか?

ほうれい線は何もせずただ放っておいてしまうとどんどんシワが深くなってきます。

 

今回は、なぜほうれい線ができてしまうのか、その原因をご紹介していきますので、ぜひ自分の生活習慣と照らし合わせながら参考にしてみてください。

原因を知ることで予防策を練ったり、その対策を取ったりできるので、ほうれい線を改善することができるかもしれませんよ!

 

ほうれい線ができる場所とその原因

たった 1本顔に線が入るだけで、高齢者のような印象を与えてしまうほうれい線。

ほうれい線は小鼻の両側から口元にかけて伸びているシワのラインのことを指しています。

ほうれい線は他のシワとは違い、そのタイプやできてしまう原因が大きく違うのです。

 

まず初めにシワについて少し説明していきましょう。

目元や額などにできてしまうシワの原因は、肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維が減少してしまうためにできてしまうのです。

これらの繊維は加齢や紫外線などに大きく影響されてしまい、少なくなってしまいます。

 

これらのシワは顔の表情を動かすことで目立たせてしまうのですが、ほうれい線は全く別です。

表情を動かそうが動かさまいが関係なく目立ってしまうものなのです。

 

なぜ、こんなにもほうれい線は目立ってしまうのでしょうか?

ほうれい線はシワではなく、重力に逆らうことができなくなった皮膚が垂れ下がってできたたるみが原因だからです。

歳を重ねるごとに皮膚を引き上げる力が弱くなり、頬や口元の皮膚がたるんでしまいます。

それと同時に顔の皮膚だけでなく、顔についている脂肪も垂れ下がってしまうので余計に目立たせてしまうのです。

 

30代頃から徐々にほうれい線が気になってきて、歳を重ねるごとにどんどんその存在がうっとうしく思えてきます。

 

ただ、ほうれい線は20代の方でもできてしまうようです。

年齢別の特徴もまとめてみましたので、ほうれい線で悩んでいる方はぜひ見てみてください!

 

20代のほうれい線

一般的にほうれい線は皮膚がたるんでしまうことが原因でできてしまうのですが、それが原因でできたほうれい線は20代ではあまり目立つ事はないです。

 

しかし、皮膚のたるみ以外の要因が原因でできてしまったほうれい線は、20代でも目立ってしまう可能性があります。

 

20代のほうれい線の原因

では、 20代でできてしまうほうれい線の原因をまとめてみます。

 

  • 乾燥が原因でできてしまった小じわ
  • 表情筋を動かすときの癖
  • 歯並びやものを噛むときの癖などによる影響
  • 急激に体重を落としてしまうことで陥ってしまう栄養不良や筋力の低下
  • 血行不良によるむくみ

 

いかがでしたか?

自分に当てはまる項目はありませんでしたか?

 

20代のほうれい線のケア方法

1番初めにご紹介した乾燥が原因でできてしまうほうれい線は、保湿ケアを丁寧にすることで目立ちにくくさせることができます。

 

もちろん他の原因も、生活習慣の改善や日頃の癖を改善することで目立たせなくすることができます。

上記の項目を確認し、自分に当てはまる項目があった場合は早めに対策を練ることで、ほうれい線の悩みを解消することができるかもしれませんよ!

 

30代のほうれい線

30代を過ぎてしまうといよいよ皮膚のたるみが出始めてしまう年代です。

30代前半だとほうれい線が気になるのは小鼻の周りあたりまでで、口元までほうれい線が進行することはあまりないようです。

 

しかし、油断をしてケアを怠ってしまうとすぐに口元まで皮膚のたるみが出てきてしまうので注意が必要です。

 

30代のほうれい線の原因

30代でできてしまうほうれい線には以下のような原因が挙げられます。

先ほどご紹介した20代でできてしまうほうれい線の原因に加えて…

 

  • 歳を重ねるごとに繊維細胞が劣化してしまい、肌を支える力が低くなってしまう
  • 真皮の内側にあるコラーゲンやエラスチンの減少
  • 繊維細胞の老化によって肌を支える力が低下してできてしまうたるみ
  • コラーゲンやエラスチンが減少することで肌に負担がかかってしまう

 

30代のほうれい線のケア方法

お肌のハリや弾力を守るために生成されているコラーゲンやエラスチンは、紫外線の影響などによって劣化してしまいます。

40代を過ぎた頃からこれらの成分は一気に減少してしまいます。

コラーゲンやエラスチンが減少してしまうことで、肌の土台が崩れてしまい皮膚がたるんでしまうのです。

 

ですので、若いうちから肌の中にあるコラーゲンやエラスチンを減少させないためのお手入れが必要です。

レチノールやビタミンCにはコラーゲンやエラスチンを生成するための大切な成分が入っているので、これらの成分が含んである化粧品などを使うと良いでしょう。

ビタミンCは食事でも摂取することができるので、積極的にビタミンを摂るようにしましょう。

 

40代以降のほうれい線

30代を超え40代に入ってしまうと、皮膚のたるみが本格的に目立ってきます。

皮膚のたるみはほうれい線の原因となっているので、さらに肌トラブルを悪化させてしまうんです。

 

さらに、40代では30代に比べるとお肌の全ての機能が下がってしまいます。

ほうれい線も口元より下の部分まで侵食されてしまい、余計にほうれい線を目立たせてしまうのです。

 

40代のほうれい線の原因

40代では20代や30代で説明してきたものよりさらに原因が増えます。

 

  • お肌の弾力やハリの低下
  • 表情筋が衰えてしまうことでできてしまう筋肉のゆるみ

 

40代のほうれい線のケア方法

ほうれい線はすぐに顔に現れるものではありません。

紫外線などの影響によって、長年にわたってコラーゲンやエラスチンが減少してしまったためにできてしまう皮膚のたるみが大きな原因なのです。

 

ほうれい線を目立たせなくするためには、コラーゲンやエラスチンをどんどん生成していかなければなりません。

コラーゲンやエラスチンを生成するのを助けてくれるものもあるので、家庭ではそちらの化粧品を使用してお手入れをしていきましょう。

 

また、顔のたるみを解消してくれるマッサージやエクササイズもあるので、そちらを試してみるのも良いかもしれませんね。

 

ほうれい線を効果的に消す方法

ほうれい線を解消するためにはコラーゲンやエラスチンを増加させる必要があります。

乾燥や加齢などが原因で皮膚が古くなったり、硬くなったりして繊維が傷つけられてしまうのです。

 

そのため、皮膚が何度も折りたたまれるような状態になってしまい、お肌に1本の線のようなシワやほうれい線が出てきてしまうのです。

 

しかし、シワやほうれい線を解消するために皮膚を強く引っ張るようなマッサージをしている方が多いです。

無理矢理乾燥している皮膚を引っ張ってしまうと、ただでさえ皮膚が弱っているのにさらに皮膚を傷つけてしまう原因になります。

その結果、毎日顔のマッサージをしているのに余計にシワやほうれい線を目立たせてしまうことになってしまうのです。

 

マッサージをするのは良いのですが、あくまでも傷ついた肌を癒すような優しい扱い方が必要です。

 

レチノール、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う

市販でも肌内部のコラーゲンやエラスチンを増やす作用のある化粧品は多く販売されています。

レチノールやビタミンC誘導体が多く配合された化粧品もあるので、そのような美容用品を使用するのがオススメです。

この時、ほうれい線を開くように化粧品を塗り込んでいくようにしましょう。

 

しかし、こちらの化粧品は肌への刺激が強いものが多いです。

使い始めの際は様子を見ながら少しずつ塗っていくようにしましょう。

アトピーなどの敏感肌の方は、自分に合わないと思ったらすぐに使用するのやめてください。

 

ほうれい線は皮膚のたるみが原因なのですが、ほうれい線で悩んでいる方は抗酸化作用の強いポリフェノールや、血行促進の効果を感じられるビタミンEが配合されているアイテムを使用するのが良いかもしれません。

 

美容器具などを活用してエクササイズを行う

失われたコラーゲンを取り戻す際には、無理矢理皮膚を引っ張ったり、激しく動かしたりする事は逆効果なので気をつけましょう。

余計にお肌に負担をかけてしまい、より深くほうれい線が刻まれてしまう原因になるのです。

 

皮膚のたるみを解消したいという方は、市販で販売されているような家庭用の低周波美顔器や表情筋を鍛える美容グッズを使うと良いです。

口元の筋肉を鍛えるだけでもほうれい線やたるみの予防になるので、オススメです。

 

口もとの筋肉を鍛えるエクササイズ

では、口元の筋肉を鍛えるエクササイズをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

  1. まずは500ミリリットルのペットボトルに少量の水を入れてください。
  2. そのペットボトルを唇でくわえて、歯を使わないように持ち上げていきます。
  3. その状態のまま10秒間キープします。これを3回繰り返してください。

 

  1. 少量の水をペットボトルに加えて準備しておきます。
  2. そのペットボトルは唇で挟み、歯が当たらないように持ち上げていきます。
  3. 呼吸をしながらその状態を10秒間維持します。これを3セット繰り返してください。

 

口元を鍛えるエクササイズ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

とても簡単な方法ですが、これを毎日繰り返すだけでも効果があるんですよ!

慣れてきたら少しずつ水の量を増やして行うようにしましょう。

 

また、このエクササイズの注意点ですがどこかに痛みを感じた場合はすぐに行うのをやめてください。

痛みがあるのに無理にエクササイズを続けてしまうと逆効果になるので、痛みを感じた場合はゆっくり肌を休ませてあげてくださいね!

 

リンパの流れを良くするマッサージを行う

顔の血行の流れが悪いと老廃物が滞ってしまいます。

顔にそのような老廃物が溜まってしまうと、みやすくなってしまいたるみが出てきます。

 

お手入れをする際に、血行やリンパの流れを良くするようなマッサージを加えて行うことで、皮膚のたるみを予防することができます。

肌の奥まで圧をかけようと無理に強くする必要はありません。

 

まずは、化粧水で角層を柔らかくしてからマッサージをしましょう。

そうすることで肌への負担を減らすことができます。

角層を柔らかくしてから、マッサージクリームなどで優しく肌をマッサージするようにしましょう。

 

リンパの流れを良くするマッサージ

では、血行やリンパの流れを良くするマッサージをご紹介していきます!

 

  • まずは、フェイスラインです。口角から耳の下に向かって円を描くように、3本の指の腹を使って引き上げていきます。引き上げたと同時に耳の前にあるくぼみを指圧していきます。
  • 次に額です。同じく3本の指の腹で眉間からこめかみにかけて円を描きながらマッサージしていきます。
  • 目元は目尻から目頭にかけてと、目頭から目尻にかけてと両方に円を描きながらマッサージしていきます。
  • 頬は手のひら全体を使って、下から上に少しずつ圧をかけながら引き上げていきます。
  • 最後に首です。首は下から上に引き上げながら撫でた後、そのまま耳下から鎖骨までリンパを流していきます。

 

これらのマッサージ方法を試して、お肌を優しくいたわってあげてくださいね!

毎日少しずつでもよいので、継続していけば肌トラブルも改善することが出来るでしょう。

 

ふだんの表情やクセを見直す

両方のほうれい線で悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、実は片方のほうれい線だけが目立ってしまうことで悩んでいらっしゃる方もいるんですよ。

片方のほうれい線で悩んでいる方は、片方だけで噛んだり、表情のクセ、歯並びが原因かもしれません。

歯は歳を重ねるごとに内側に倒れ込むようになっています。

 

その結果口元がやつれてしまい、ほうれい線を目立たせてしまう原因になってしまうのです。

 

このようなことを防ぐためには、普段の表情にも気を使わなければなりません。

ついつい口が空いてしまう方は、口を閉じるように心がけ口角を上げるようにしましょう。

口角を上げることを心がけるだけで、表情筋を鍛えることができて皮膚のたるみを防ぐことができます。

 

まとめ

今回は年齢別のほうれい線の特徴やその解消法についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

20代でも紫外線や乾燥などが原因でほうれい線は出てきてしまいます。

ほうれい線で悩まないためにも、ご紹介したマッサージ方法や生活習慣の見直しをしてみてください!

ちょっとした意識をするだけで、いつまでも若々しいお肌を手に入れることができますよ!

 

今回の記事が、皆さんのお役になっていれば幸いです。

 

*ほうれい線の改善効果が絶大なビーグレンの効果とは?

必見!
ビーグレンでほうれい線の悩みが解決するって本当?!購入者のリアルな口コミ効果とは?

年齢を重ねるごとに気になるのがシミやしわとともに、ほうれい線のたるみです。   「ほうれい線さえなければ、もっ ...

続きを見る

-ほうれい線

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.