ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

シミ

シミ発生は30代から!?肌に現れるまでの時間とは?何歳からケアすればいい?

更新日:

多くの女性が肌トラブルであるシミに悩みを抱えている人がいらっしゃるのではないでしょうか?

シミが1つできただけでも、年齢が増して見えるので厄介なものですよね。

メイクをする時も新しいシミができていたりしたら、気分が上がらず1日中落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか?

 

できてしまったシミを消すために、毎日お手入れを欠かさずしている人もいる事でしょう。

紫外線ケアも怠っていないのになぜ新しいシミがどんどんできてしまうのでしょうか?

 

今回はそのような肌トラブルであるシミがどのようにできてしまうのか、その仕組みをご紹介していきたいと思います!

シミが出来る過程や時間も細かく説明していきますので、悩み改善の参考にしてみてくださいね!

 

紫外線だけじゃない!? シミができる原因とは?

なぜ、シミはできてしまうのでしょうか?

 

まずはじめに、シミができてしまう原因について説明していきます。

シミができてしまうまでの過程や時間などの前に原因を把握しておくことで、よりシミについて知識を深めることができますよ!

 

紫外線

みなさんは外に出るときに日焼け止め対策はしっかりしていますか?

 

紫外線を浴びてしまうとメラノサイトというものが刺激されてしまいます。

その紫外線から細胞を守ろうと、お肌はメラニン色素を構成します。

このメラニン色素が紫外線からお肌を守ってくれるのですが、多量に作られてしまうとお肌の中に蓄積されてしまったり色素沈着を起こしてしまうのです。

 

その結果、メラニン色素がお肌の外に出ることなく、シミとしてお肌に残ってしまうのです。

少しの紫外線が原因でできたシミであれば、ターンオーバーをすることによって排出することができます。

 

しかし、老化などの原因によりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうとメラニン色素がお肌の中に蓄積されてしまい、お肌に残ってしまうのです。

ターンオーバーが正常に行われなければ、シミとなってしまうので、それを防ぐためにも新陳代謝を良くしなければなりません。

 

外出する際は紫外線対策をしっかりしてから外に出るようにしましょう。

 

活性酸素の発生

外的要因や内的要因など様々なストレスによって、体内では活性酸素が構成されてしまいます。

 

例えば、紫外線によるダメージやストレス、飲酒、便秘、喫煙、運動不足、塩分や糖分の取りすぎ、睡眠不足などが挙げられます。

体にできるような量の活性酸素は、体を守ってくれるため重要な成分となるのですが、食生活や生活習慣が乱れることで通常よりも多く活性酸素が作られてしまう場合があります。

活性酸素が体の中に多く作られてしまうと、紫外線と同様にメラノサイトを刺激してしまうホルモンが分泌されてしまうのです。

 

その結果、お肌を守ろうとメラニン色素が構成されてしまい、肌トラブルのシミにつながってしまうのです。

シミを防ぐためにもストレスをため込まないようにストレス解消方法を見つけたり、食生活や生活習慣を見直してみることが大切です。

 

炎症

皆さんは日焼けやニキビができたときなど、しっかりお手入れをしていますでしょうか?

日焼けや虫刺され、火傷、摩擦、肌に合わない化粧品の使用、湿疹、かぶれ、女性ホルモンの乱れなどはすべて肌の炎症につながってしまいます。

肌に炎症が起きてしまうと、その部分を修復しようと、または、治そうとメラノサイトが活性化してしまうのです。

 

その結果メラニン色素が構成されてしまい、色素沈着やメラニン色素の蓄積によってシミができてしまうのです。

そのような場合を防ぐためにも、お肌に炎症が起こったらすぐに専門医に聞くか、炎症を抑えるお手入れを欠かさずにしなければいけません。

 

シミができるまでの過程・時間をもっと詳しく知りたい!

最初にシミができてしまうまでの過程を説明していきたいと思います。

お肌に紫外線や摩擦などの外的要因が原因で傷つけてしまうと、メラノサイトを活性化させてしまう因子のプラスミンやプロスタグランジンという成分が構成されてしまいます。

 

そうすると、メラノサイトというものの中に存在しているチロシンという成分が変化してしまい、ドーパキノンという化合物になってしまうのです。

そしてそれがメラニン色素を構成させてしまい、シミにつながってしまうのです。

チロシンがドーパキノンなのに変わってしまう時に、メラニンを構成してしまう酵素が発生してしまいます。

これをチロシナーゼと言うのですが、この働きが強くなってしまうとメラニン色素が多量に構成されてしまうのです。

 

シミができてしまう過程は基本的にメラノサイトの中で行われています。

 

しかし、メラニン色素が作られてしまうことで表皮細胞であるケラチノサイトにつながっていきます。

その結果、メラニン色素が表皮細胞の中に蓄積されてしまい、色素沈着を起こすことになりシミが浮き出てしまうのです。

 

では、紫外線のダメージを受けてからどのくらいの時間でシミが出来上がってしまうのでしょうか?

シミができてしまう時間ですが、やはり個人差が大きいようなので 一概にはこの時間だと決めつけることができません。

年齢だけでなく、食生活や生活習慣等によっても大きく左右されるので、時間を言い表すことができないのです。

 

もちろん、当たり前の事ですがお肌にどれだけ紫外線のダメージを受けたかによっても、シミが出来上がる時間は大きく異なっていきます。

上記でシミができてしまう原因をいくつか紹介していきましたが、シミはいろいろな原因が重なってしまうからできてしまうのです。

肌トラブルのシミを予防するためには、シミができる前に丁寧にお肌のお手入れをしてあげなければなりません。

 

それ以前に、外出する際は紫外線対策をしっかり行ったり、お肌の炎症を起こさないようにお肌のケアをしっかりしてあげることが何よりも大切なポイントです。

 

シミは何歳から表れる?注意すべき年齢とは?

シミが表面に現れるのは30代から?

さて、シミができてしまうことに年齢は関係あるのでしょうか?

 

シミは紫外線が原因ででかてしまったり、お肌の炎症が原因でできてしまったりするので、シミができ始める年齢はその人によって大きく異なります。

一般的には30代からできやすいとされていますが、それでも生活習慣や体質などによっても異なってきます。

 

では、なぜ30代からでき始める女性が多いのでしょうか?

 

それはホルモンのバランスの変化が30代で起こりやすいためにそのように言われているのかもしれせん。

30代を迎えるとそこから徐々に女性ホルモンの分泌量が少なくなってきます。

女性ホルモンが低下していくことで、乾燥肌になりやすくなったり、ターンオーバーのサイクルが乱れがちになったりしてしまうのです。

そのことが原因で、本来はお肌の外に出ていくはずのメラニン色素が蓄積されてしまい、お肌の表面にシミとしてその姿を現してしまうのです。

 

また、それだけが原因ではありません。

女性は妊娠や育児を経験します。

それらの経験をすることでホルモンのバランスが変化していくので、逆にそれがストレスとなってしまったり、黄体ホルモンの分泌量が増えてしまったりすることでシミができやすくなってしまうのです。

 

自分はまだ若いから大丈夫だと油断をしている方はいらっしゃいませんか?

油断は禁物です!

若いからといって紫外線対策を怠ってしまうと、若いうちにお肌にため込んでしまった紫外線ダメージが、30代になってからお肌の表面に現れてしまうのです。

 

ですので、まだ若いからと肌のお手入れを怠るのではなく、若いからこそお肌を大切にしっかりお手入れをしてあげることがポイントです。

 

シミの原因は20代から蓄積している!

歳を重ねたからシミができてしまうのではなく、若いうちから蓄積されているメラニン色素が原因だと上記で説明していきました。

特に紫外線対策に重点を置いていなかった方や、偏りのある食生活を送っていた方、生活習慣の乱れていた方は要注意が必要です。

 

もうすでにシミの根源を体内に蓄積してしまっているため、シミが現れるのも時間の問題かもしれません。

シミができやすいのは30代からと言われていますが、早い方では20代からシミができてしまう方もいるのです。

 

シミ対策は何歳から始めるべき?

20代からシミ対策が必要!

皆さんの身の回りの若い世代の子たちは、あまりお肌のお手入れを丁寧にしている人は少ないのではないでしょうか?

みずみずしくてハリのあるきれいなお肌に羨む気持ちを持っている方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、いくらお肌が綺麗で若いからといってもお肌のケアを怠ってしまうと、将来シミができてしまう可能性があるのです。

紫外線は若いうちから見続けているわけなのですから、当然肌へのダメージは少しずつお肌の中に蓄積されています。

 

若いからと言って油断をするのではなく、将来シミだらけのお肌にならないように気を張っておかなければなりません。

なんといっても大切なのは日焼け止めや日除けグッズなどで紫外線からお肌を守ることです。

美白効果のある化粧品をお肌に浸透させたりなどして、しっかりお肌のお手入れをしてあげてください。

 

若いうちからしっかりお肌のお手入れをしてあげることで、将来シミひとつない美白のお肌を手に入れることができるかもしれませんよ。

 

シミ対策は保湿と一緒に

ホルモンバランスが変わってしまうことでメラニン色素が構成されてしまい、シミができてしまう原因である事は上記でもお伝えしていきました。

ホルモンのバランスというのはとても大切なもので、それが変わってしまうと保湿力が低下し、乾燥肌になってしまいやすいのです。

 

実は乾燥もシミを作ってしまう原因の1つなのです。

紫外線対策だけではなく、乾燥からお肌を守るためにも保湿力の強い化粧品などでお手入れをしてあげてください。

 

ここでポイントなのは擦り付けて化粧品を塗るのではなくやさしくお肌に浸透させていくことと、必要な皮脂まで落としすぎてしまう激しい洗い方はしないことです。

化粧水や乳液を塗る際は、手のひらの温度でお肌に浸透させていくようにしましょう。

メイクを落とす時はクレンジングでこすって洗うのではなく、クレンジング剤を少し多めに取り、優しくぬるま湯で洗うことを心がけてください。

 

体内のケアも忘れずに

肌のお手入れだけしっかりすればシミはできないと思っている方はいらっしゃいませんか?

それは大きな間違いです!

 

シミは食生活や生活習慣が乱れてしまうことでもできてしまうのです。

栄養の整った食事や、十分な睡眠時間を確保し規則正しい生活を送るようにしましょう。

このような生活を送るだけでも、体の中がわからん角ができにくいお肌を作ることができるので、ぜひ心がけてみてくださいね。

 

そして、食生活や生活習慣が改善されることでホルモンバランスも整い、免疫力が上がったり、痩せやすい体質になったりもするのです。

たくさんのメリットがあるので、ぜひ自分の今の食生活や生活習慣を見直してみてくださいね!

 

シミは老けて見えてしまう厄介なものです。

いつまでも若々しいお肌を手に入れるためにも、日ごろからお肌のお手入れを続けていかなければなりません。

将来シミだらけのお肌にならないためにも、今日からしっかりシミ対策を行なっていきましょう!

 

まとめ

シミができてしまって悩んでいる方の中には、紫外線やお肌の炎症が原因と聞いて少しどきっとした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外出する際の紫外線対策や、規則正しい生活を心がけて外側からも内側からもシミができにくいお肌を作っていきましょう。

 

また、自分は若いからまだ大丈夫だと油断をしている方はいらっしゃいませんか?

蓄積されたメラニン色素は年齢を重ねるごとにその姿を現してくるので、それを避けるためにも若いうちからお肌のお手入れはしっかりしておくことが大切です。

シミ対策をしっかり行って、いつまでも若々しく美しいお肌を手に入れてくださいね!

 

*もっと簡単にシミ対策が出来るビーグレンの効果をチェックしてみよう!

必見!
ビーグレン美白効果が話題に!シミが消えるって本当?!

ビーグレンといえばニキビケアが有名ですが、美白にも力を入れています。   独自の浸透テクノロジーが有効成分を肌 ...

続きを見る

-シミ

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.