ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

シワ

エイジングケアで老化を招いているかも!?シワを深刻化するNGスキンケアとは?

更新日:



30代や40代と歳を重ねるにつれ、だんだん肌年齢も気になってきますよね。

歳を重ねるにつれシワやたるみ、ほうれい線などの3大肌トラブルが気になってくることでしょう。

いつも通りのスキンケアもエイジングケアにそろそろ移行してくる時期になってくるのではないでしょうか。

 

しかし、皆さんは本当に正しいエイジングケア方法ができていますか?

間違ったエイジングケアをしてしまうと、より一層肌老化を招く事態に陥ってしまうかもしれません。

エイジングケアなんて高い化粧品を塗ればいいんでしょうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけでは肌を改善することはできません。

 

今回は正しいエイジングケアの方法をご紹介していきますので、ぜひ日頃のお手入れに取り入れてみてください!

正しいエイジング方法で、いつまでも若々しいお肌を入れましょう!

 

シワが気になるから保湿…は間違いになることも!

歳を重ねるにつれシワが目立ってきますよね。

シワ対策には保湿が大切だと力を入れている方もいらっしゃることでしょう。

毎日保湿ケアや加湿をして、しっかりシワ対策をしているのだと意気込んでいる方もいらっしゃるのではありませんか?

 

しかし、シワはいくつかの種類に分けられているのです。

シワの種類に合ったお手入れ方法をしなければ、効果はないどころか逆効果になってしまうこともあります。

シワの種類によってもお手入れ方法を変える必要があるので、自分のシワがどのようなものなのかしっかり把握しておかなければなりません。

 

保湿が大切なのは乾燥が原因でできてしまう小じわです。

これはうるおい不足が原因でできてしまうシワなので、このような場合はしっかりお肌に水分を与えてあげましょう。

指でそのシワの部分を広げてみて、そのシワがなくなったら小じわです。

この小じわは年齢関係なく、若い人でもできやすいものなので保湿対策をしっかり行うようにしましょう。

 

しかし、目尻や眉間、口元などに深くシワが刻まれてしまっている場合は要注意が必要です。

これは肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンという物質が不足していることが原因でできてしまうシワです。

年齢を重ねるごとに皮膚を支える力が弱くなってくるので、コラーゲンやエラスチンが減少してしまうのです。

 

このような場合には保湿対策ではなく、減ってしまったコラーゲンを補ってあげることが必要なのです。

コラーゲン不足が原因なのであれば、コラーゲン配合の化粧品を使ったら良いのではないかと思う方もいるでしょう。

 

しかし、コラーゲン配合と記載されている化粧品でも、それらはコラーゲンを構成するのではなく保湿することが目的とされています。

ですので、いくらコラーゲン配合の化粧品を使用しようともシワが改善される事は無いのです。

コラーゲン配合の化粧品を使っても、いつになってもシワが改善されないと悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

 

そのような大ジワに悩みを抱えている方は、保湿ケアではなくコラーゲンを補ってあげるようなケアをするようにしましょう。

販売されている化粧品の中では、コラーゲンが配合されているものではなく、コラーゲンを増やす成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

では、どのような成分がコラーゲンを生成してくれるのでしょうか?

具体的に述べますと、

 

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン
  • レチノール

 

などが挙げられます。

このような成分が配合されているかどうかを確認してから、購入するようにしましょう。

 

まれに、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使用してしみると感じる方がいらっしゃいます。

そのような方にはナイアシンを使用することをオススメします。

無理にビタミンCを外から取り入れる必要はないので、しみると感じた方は日々の食生活からビタミンを積極的に摂取すると良いかもしれませんね。

 

レチノールはとても効果が高く抜群の成分なのですが、刺激が強くありすぎる場合があります。

少しでも痛みを感じた場合は使用するのをやめ、他の化粧品に変えるようにしましょう。

無理に継続して使用してしまうと、肌に負担をかけてしまいさらに症状を悪化させてしまうかもしれませんよ。

 

グイッとリフトアップしながらケア…はシワを増やすかも!

シワだけではなくたるみも気になると、肌を無理に持ち上げるような形で化粧品を塗っている方はいらっしゃいませんか?

皮膚を引き上げようと必死に少し強い力で持ち上げている方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、実はそのようなやり方では肌に負担をかけてしまい、逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。

十分に肌に水分が足りない状態で、強くこすったり引っ張ったりしてしまうとお肌が炎症しやすくなってしまいます。

このような行為でお肌に刺激を与えてしまうと、炎症が慢性化することになり、シミやシワができやすくなってしまうのです。

 

たるみを予防しようとマッサージするのは良いのですが、顔はとても敏感な部分なので優しくマッサージしてあげるようにしましょう。

マッサージをする際も、クリームなどをつけて肌の滑りを良くしてから行うようにしましょう。

肌の滑りが良くないと、より一層肌に負担をかけてしまうのでここは気をつけなければいけません。

 

エイジングケアをしているつもりだったのに、実はそれが老化を招く原因となっていた…ということがないようにしましょうね!

 

早く目もとのケアをしなきゃ…その順番が効果を弱めていたかも!

市販で販売されている化粧品にも、様々な種類のエイジングケア用品があります。

若い頃はオールインタイプのものや、化粧水と乳液だけで済ませていた方もいることでしょう。

歳を重ねるにつれ肌年齢を気にし始め、美容液やクリームなど様々な化粧品を取り入れている方も多いのではないでしょうか?

 

特に目元のシワなどが気になる方用に、アイクリームなどの部分用化粧品がよく販売されていますね。

目元の乾燥が気になるからといって、1番最初にアイクリームを塗っている方はいませんか?

 

ちょっと待ってください!

 

このような部分用化粧品を使用する際は、塗る順番に気をつけなければなりません。

1番最初に塗るものは、たとえ部分的に塗っていたとしても、広がりやすく効果を弱めてしまうことが多いのです。

部分用化粧品を使用する際は、化粧品や乳液などで十分にお肌に潤いを与えてから塗るようにしましょう。

 

また、顔全体に塗るものでどのような順番で塗布すればよいのか迷うこともあるでしょう。

迷ったときはサラサラとした化粧品から使用するようにしましょう。

最初にドロドロした油分の高い化粧品を使ってしまうと、水性の化粧品ははじかれてしまうのです。

 

しかし、導入オイルのようなものは別物です。

そのような化粧品については説明書に塗る順番等が記載されているので、そちらに従うようにしましょう。

 

いつまでも若々しいお肌を保ちたいと願うのは当たり前のことです。

そのためには年齢に応じてスキンケア方法も変えていかなければなりません。

 

しかし、間違ったスキンケア方法でお肌のお手入れをしてしまうと、逆に肌の老化を招いてしまう危険性もあります。

効果を弱めることなく美しいお肌を手に入れるために、自分の悩みに合ったお手入れをするようにしましょう。

 

間違った洗顔法でシワの原因を作ってるかも?

何度も洗顔する

顔の汚れを落とそうと1日に何回も洗顔フォームや石鹸で顔を洗っている方はいませんか?

実は、そのように何回も顔を洗ってしまうという行為はシワ対策にとってはタブーなのです。

 

洗顔料などで何回も顔を洗いすぎてしまうと、お肌に必要な皮脂まで削ぎ落としてしまうんです。

お肌にも負担がかかってしまい、肌を守るヴェールがなくなり肌の乾燥を招いてしまう原因になってしまうのです。

お肌が乾燥してしまうと、上記で説明した通り目元などに細かいシワができてしまいます。

 

小じわだと油断しているといつの間にかそれが積もりに積もり、大ジワに変化してしまう危険性もあるんですよ

 

そのような事態を防ぐためにも、洗顔料を使用して顔を洗うのは朝と夜の2回までにしておいた方が良いかもしれません。

朝はぬるま湯で顔をゆすぐだけでも、十分にお肌を綺麗にすることが出来るんですよ!

 

肌を強く擦る

洗顔料や化粧品を顔に塗るときに、ゴシゴシと肌を強くこすりながらお手入れしている方はいらっしゃいませんか?

強く肌をこすってしまうと、その摩擦が原因でお肌の表面にダメージを与えてしまいます。

そのダメージが蓄積され、シワの原因になってしまうのです。

 

ですので、お肌を守るためにも洗顔時や化粧品を塗布する際は、優しく塗ってあげるようにしましょう。

本来洗顔料は、泡が汚れを浮かして落としてくれるものなので強く擦る必要は無いのです。

泡がしっかり汚れを落としてくれるので、十分に洗顔の効果を得ることができますよ!

 

お肌に触れるときは、どのような場合でも優しく触ってあげることを心がけてください。

 

知らずしらずに顔にシワを作ってしまっているNGな寝相・寝方も

うつぶせ

皆さんは夜寝るときにどのような体制で寝ていますか?

うつぶせで寝ている方はいらっしゃいませんか?

 

もし、うつぶせで寝ているという方はすぐにその寝方を変えるようにしましょう。

うつぶせは顔の重さ分、直接皮膚にダメージが伝わってしまいます。

そのような強いダメージを受けてしまうせいで、目や頬などにシワができてしまうのです。

 

このようなダメージからお肌を守ってあげるためにも、うつぶせは避けるようにしましょう。

 

横むき

先ほどうつ伏せがダメだとお伝えしましたが、実は横向きもダメなのです。

横向きで眠ってしまうと、顔の片方側だけを圧迫することになります。

片側だけに顔の重さ分のダメージがかかってしまうので、うつぶせよりもくっきりとシワが刻まれてしまう可能性があります。

また、横向きで眠ることで起こってしまうデメリットは他にもあります。

重力の関係上、体の老化現象が進んでしまい、胸がたれてしまう危険性があるのです。

 

お肌だけではなく体にも異常をきたしてしまうので、横向きで寝るのもやめましょう。

 

一番は、あおむけで眠ること

睡眠を取る際に1番オススメの姿勢は、仰向けです。

仰向けの姿勢は、圧を受けるのは後頭部の1部分だけなのでお肌に負担がかかる事はありません。

顔を圧迫することがないので、シワ予防をすることができるのです。

 

ですので、睡眠を取る際はできるだけ仰向けの姿勢で寝るようにしましょう。

 

また、シワを作らないためにもう1点大切なポイントをご紹介していきます。

それは枕の高さです。

あまり気にしていない方も多いかもしれませんが、枕の高さとシワも強く関係しているのです。

 

あまりにも高い枕を使っていると、寝返りを打つことができません。

つまり、ずっと同じ体勢で眠らなければいけないということになります。

高い枕でずっと同じ体勢で寝てしまうことで、首にシワが刻まれてしまうのです。

 

たとえ仰向けで寝たとしても、枕が高いとどうしても首にシワが寄ってしまうのです。

そうならないためにも高すぎる枕を使うのはやめましょう。

 

枕の高さは睡眠の質にも関わってきます。

高すぎても低すぎても枕が自分に合っていなければ、良質な睡眠をとることができません。

良質な睡眠をとらないと新たな肌トラブルを招いてしまう原因にもなるんですよ。

そのような肌トラブルを予防するためにも、枕は自分に合った高さのものを使用するようにしましょう。

 

ちなみに、寝返りはとても重要な役割を果たしています。

体の健康を維持するための大切な役割を担っているものなので、寝返りは大切です。

枕が高すぎると寝返りを打つことができないので、体の健康に悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。

 

お肌を守るだけでなく、体の健康を守るためにも枕はしっかり選ぶことが大切です。

 

まとめ

今回はエイジングケアについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

シワにも種類があると聞いて驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

シワはその種類に合ったケアをしなければ、改善することができません。

必ずしもシワには保湿ケアが重要だとは言い切れないのです。

自分のシワがどのような種類のものなのか把握し、それに合ったエイジングケアをするように心がけましょう。

 

正しいエイジングケアを継続して、若々しいお肌を手に入れてみてくださいね!

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば幸いです。

 

*シワの改善効果が絶大なビーグレンの効果とは?

必見!
ビーグレンで眉間のしわが消える?!購入者のリアルな口コミ効果とは?

普通にしているのに「疲れているの?」「何か怒ってる?」と聞かれて、どうしてそんなことを言われるのかと思っていたら、眉間の ...

続きを見る

-シワ

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.