ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

ニキビ

ニキビができる場所で体調が分かる!?部分別原因と対策ケア法とは?

投稿日:

体調不良の時や疲労度が高い時などニキビができやすいと感じている方はいらっしゃいませんか?

体調によって肌のコンディションが良くないということがあるように、ニキビに関しても体調の影響が受けやすいのです。

ニキビも体の不調の箇所によってできる箇所が違ってきます。

 

鏡を見ると何度も同じ場所にニキビができてしまっていることに対して悩みを抱えている方はいませんか?

そのような症状を改善するためには外側からのニキビケアだけではなく、内側の原因も改善していかなければなりません。

 

今回はその場所ごとにニキビができてしまう原因や、当てはまる体の不調、予防方法などをご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

 

額・おでこのニキビ

額やおでこはニキビがとてもできやすい場所です。

この部分は皮脂の分泌量が大変多いため、どの箇所よりもニキビができやすいのです。

 

一般的には思春期ニキビができやすい場所と言われているのですが、歳をとってもこの部分にニキビができることで悩んでいる方は少なくないです。

 

額・おでこのニキビの原因

額やおでこにできてしまうニキビは思春期ニキビとも呼ばれています。

ホルモンバランスが乱れてしまうことで、皮脂の分泌量が過剰になり、ニキビができてしまうのです。

しかし、大人になっても額やおでこにニキビができてしまうと悩んでいる方も多いですよね。

そのような方はシャンプーのすすぎ残しや、生活習慣の乱れ、前髪の刺激、誤った洗顔方法などが原因となっているようです。

 

額・おでこのニキビからわかる体の不調

額やおでこにできるにきびは体調にかかわらず、様々な原因によってできてしまいます。

洗顔料や整髪料のすすぎ残しや前髪の刺激など様々な要因が原因でニキビが発生してしまうのです。

 

しっかり洗い落としていたり、前髪をあげたりして対策をしているにも関わらずニキビができてしまう場合は、ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れているのかもしれません。

 

額・おでこのニキビの予防方法

額やおでこは顔の部分の中で最も皮脂の分泌量が多いところです。

正しい洗顔を心がけ、余分な皮脂を取り除かなければいけない部分でもあります。

洗顔料もしっかり洗い落とさないとニキビの原因になってしまうので、注意が必要です。

 

また、普段の食生活も見直してみましょう。

インスタント類やお菓子などを多く摂取していませんか?

野菜を中心とした食事をとるようにし、ビタミンを多く摂取するようにしましょう。

 

そして、十分な睡眠時間を確保してゆっくりその日の疲れを取ることを心がけて下さい。

 

眉間・眉毛のニキビ

皆さんはTゾーンという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

Tゾーンとは顔の中心の1本線のことを指します。

 

ですので、眉間もそのTゾーンに当たります。

眉間も額やおでこと同様に皮脂分泌が活発な部分なので、思春期ニキビが発生しやすいところになります。

 

また、眉間は顔の中心部分にあたる所なので鏡を見たときにとても目に付きやすいのです。

気になって思わずニキビを触ってしまうこともあるかもしれませんが、やみに触ってしまうと手の菌がそのニキビをさせてしまうので気をつけましょう。

 

眉間・眉毛のニキビの原因

これらの場所にできるニキビは、過剰に分泌された皮脂が原因です。

そして目に付きやすい場所なので思わず触ってしまい、炎症させてしまうのです。

 

また、眉間や眉毛にできるニキビも前髪の刺激によってできる可能性があります。

顔の中心部分で人の目に付きやすく隠したい気持ちもわかりますが、逆に悪化させてしまうので気をつけなければなりません。

 

眉間・眉毛のニキビからわかる体の不調

眉間や眉毛の場所にニキビができてしまう体の不調として、肝機能の低下が挙げられます。

 

皆さんは普段どのような食生活をされていますか?

アルコールを多量に摂取したり、油分の多い食事を毎日とっていませんか?

そのような方は食生活を一度見直し、ビタミンやミネラルなど栄養の整った食事をすることを心がけることが大切です。

 

眉間・眉毛のニキビの予防方法

先ほども説明していきましたが顔の中心部分にあたるため、むやみに触ってしまう方が多いようです。

 

しかし、気になるからといって触ったり、ましてやぶしたりなどしてしまうと逆に悪化させてしまうので、絶対に触らないでください。

Tゾーンにニキビを作らないためには正しい洗顔方法で、規則正しい生活を送ることが重要です。

 

鼻のニキビ

一般的には鼻や小鼻などにできるにきびは思春期ニキビが多いと言われていますが、大人になっても鼻のニキビで悩んでいる方は多いです。

鼻のニキビは一度できてしまうと炎症が起きやすく、ニキビ跡のできやすい場所でもあります。

ニキビやニキビ跡で悩んでいる方は、早めに治療することをオススメします。

 

鼻のニキビの原因

鼻や小鼻もTゾーンの部分にあたるので、皮脂の分泌量がとても多い箇所です。

 

しかも、鼻の毛穴には深さがあるため皮脂が溜まりやすい構造になっているのでニキビができやすいのです。

むやみに触ってしまったり、紫外線に当たったりしてしまうと炎症してしまう危険性があるので注意しておきましょう。

 

また、花粉症や鼻炎で悩んでいる人も注意しておかなければなりません。

鼻をかむ回数が増えてしまうと、必要な皮脂も落としてしまうのでニキビができやすくなってしまうのです。

 

鼻のニキビからわかる体の不調

大人になってから鼻のニキビに悩まされている方は、疲労やストレスの蓄積が原因に挙げられます。

また、それだけではなく内臓機能の低下も原因の1つに挙げられているようです。

便秘だったり、暴飲暴食だったり、食生活が乱れていませんか?

アルコールや油っぽい食事は避け、栄養の整った食生活を送るようにしましょう。

 

鼻のニキビの予防方法

皮脂の分泌量を調整することで鼻のニキビは予防することができます。

皮脂の量とホルモンバランスは密接に関係しているため、ホルモンバランスを調整することが大切です。

自分の生活習慣を改善し、十分な睡眠時間を得るようにしてください。

 

頬(ほほ・ほお)のニキビ

この部分は年齢関係なくニキビができやすい場所です。

そして、そのニキビを放置して炎症起こしてしまうとどんどん悪化させてしまい、さらにはニキビ跡になってしまうこともあるのです。

 

そのようなことを防ぐためにも、頬にニキビができたら早急に適切な治療することが大切です。

 

頬(ほほ・ほお)のニキビの原因

頬は顔の中でも皮脂分泌量が少なく、毛穴づまりもあまり起きない箇所です。

そのためニキビができにくいと思っている方も多いようですが、実際はそうでは無いようです。

頬にニキビができるのはホルモンバランスの乱れ乾燥による皮膚のサポート力の低下などが原因に挙げられています。

 

また、枕や布団などにもが多くついていることはご存知でしたでしょうか?

寝ているときに枕や布団に顔が触れてしまったり、さらにはメイク用品が合わなかったりすることなども原因の1つです。

 

頬(ほほ・ほお)のニキビからわかる体の不調

ホルモンバランスの乱れが頬のニキビを発生させてしまいます。

そのためには日ごろからストレスや疲労を体の中に蓄積させないことが大切です。

 

また、内臓機能の乱れによっても頬にニキビができることがあるので、食生活の改善も予防するためには必要です。

 

頬(ほほ・ほお)のニキビの予防方法

生活習慣を改善することとストレスをためないことが予防方法になります。

胃腸や肝臓に負担をかけないような食生活であったり、ストレス発散方法を見つけたりなどをして体のケアをしてくださいね。

 

また、メイク道具にも多くの雑菌が付着しています。

これが頬に触れたときにニキビを発生させてしまう可能性があるので、メイク道具もしっかり清潔に保つようにしてくださいね。

 

口周り・唇のニキビ

口周りに一度ニキビができてしまうと、再生しやすく治りにくいという特徴を持っています。

そのニキビは炎症するだけでなくそのまま化膿してしまい、痛みを伴う場合もあるのです。

厄介なことにそのまま放置してしまうと、ニキビ跡として残ってしまう場合があるので早めに治療をするようにしましょう。

 

口周り・唇のニキビの原因

口周りや唇にできるにきびは、胃腸機能の低下やストレスが溜まっている時などに発生しやすいです。

上記でもストレスによってニキビが発生することを挙げましたが、口周りや唇にできるにきびは最もこの原因の割合が高いと言われています。

 

また、これだけではなくホルモンバランスの乱れによってもニキビが出てきます。

多くの女性が婦人科系の病気や冷え性を抱えているので、口周りにニキビが発生しやすいのです。

 

男性も髭剃りなどの外部からの刺激が原因で、ニキビが発生する事があります。

ヒゲを剃る際はお肌に負担をかけないように、清潔な刃を使ってお手入れするようにしましょう。

 

口周り・唇のニキビからわかる体の不調

口周りや唇のニキビは体調が芳しくない時に出やすいです。

疲労やストレスが蓄積されていたり、胃腸機能が低下していたり、熱を出したときに抵抗力が下がってしまうことも原因に挙げられています。

 

また、上記で原因の1つに挙げたホルモンバランスの乱れですが、口周りにできるにきびもホルモンバランスが影響しているので、気をつけましょう。

 

口周り・唇のニキビの予防方法

女性は体を冷やしてしまうとホルモンバランスが乱れやすいです。

栄養の整った食生活を心がけたり、温かい服装に気を配ったりなど体を冷やさないことがとても重要です。

 

また、胃腸機能が低下してしまうと体内に老廃物が蓄積されやすくなります。

そのため免疫力や抵抗力が下がってしまい、口周りや唇にニキビができてしまうのです。

 

皆さんは、常時飲んでいる薬はありますか?

頭痛薬だったり、鎮痛剤だったり、それが胃腸の負担になる可能性もあるので、飲む際には注意が必要になります。

 

顎(あご)のニキビ

顎にできるにきびは典型的な大人ニキビとされています。

何度も同じところにできやすく、治りにくいという特徴持っています。

 

顎にできるにきびは様々な原因が絡み合っています。

そのため、適切な治療を行わない限りは再発が繰り返し行われ、化膿してしまう危険性もあるのです。

 

顎(あご)のニキビの原因

顎はヒゲが生えやすく、男性ホルモンの影響が大変受けやすい場所になっています。

ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、ニキビが発生してしまいます。

 

男性の場合は髭剃りをしている時などに肌に傷がついてしまい、そこから炎症してしまうことでニキビが発生してしまうようです。

また、アゴは紫外線対策が行き届いていない部分でもあり、紫外線の影響を受け易くニキビができてしまうのです。

 

顎(あご)のニキビからわかる体の不調

顎に発生するニキビはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

ですので、疲労やストレスを蓄積させないことや、質の良い睡眠をとることなど規則正しい生活を送るようにして下さいね!

 

顎(あご)のニキビの予防方法

ストレスや睡眠不足などの影響に感化されないように、ホルモンバランスを調整することが大切です。

皆さんは髭剃りをした後に保湿ケアを十分にしていますか?

髭剃りの後保湿ケアを十分にしないと、乾燥肌を招いてしまいニキビを発生させてしまいます。

 

それでもニキビが発生してしまった際は、紫外線による影響が関係してるのかもしれません。

顎は紫外線対策がしにくい場所でもありますが、入念に日焼け止めなどを塗ることが大切です。

 

フェイスラインのニキビ

フェイスラインにも顎と同様、大人ニキビが発生しやすい場所として挙げられています。

再発しやすく、治りにくく、化膿しやすいという厄介な特徴を持っています。

 

それに加えて、フェイスラインは新陳代謝が悪く、肌のターンオーバーが促進しにくい場所でもあります。

そのため、ニキビ跡が残りやすく、悩みを抱えている方が多いのです。

フェイスラインのニキビを改善するためには、早急に正しい治療を行うことが必要です。

 

フェイスラインのニキビの原因

フェイスラインにニキビができてしまう原因として挙げられているのは、ホルモンバランスの乱れと乾燥による影響です。

疲労やストレスが蓄積されてしまうと、良質な睡眠をとることができず、男性ホルモンが多量に分泌されてしまいます。

そのため免疫力が下がってしまい、ニキビが発生しやすいのです。

 

さらに、フェイスラインはお手入れしにくい場所でもあるので、乾燥しやすいのです。

皮膚を支える力が低下してしまい、ニキビが発生しやすくなるのでお手入れにも気を使うようにしましょう。

 

また、あごのニキビでも説明していきましたが、髭剃りが原因となる可能性もあります。

さらには、フェイスラインは寝るときに枕や布団に当たりやすい場所でもあるので、それらの摩擦が原因になることもあり得ます。

 

フェイスラインのニキビからわかる体の不調

原因として挙げられるのはホルモンバランスの乱れです。

フェイスラインに発生するニキビを防ぐためにも、ストレスを蓄積させないことや、良質な睡眠をたっぷり取ることなどを心がけ、生活習慣を見直すことが必要です。

 

フェイスラインのニキビの予防方法

実はこのフェイスラインにできるにきびは、髪の毛が触れることでも発生しやすいのです。

スタイリング剤や整髪剤もお肌には刺激になるので、できれば使用する量は減らしていただきたいです。

さらに、メイク用品や洗顔料なども原因として挙げられているので、すすぎ落としがないようにしましょう。

そして、髭剃りをする際は肌に負担がかからないようにしましょう。

 

これらを心がけているにも関わらずフェイスラインにニキビができてしまった場合は、ホルモンのバランスが乱れてしまったり、胃腸機能の低下が考えられます。

フェイスラインにニキビができないようにするためには、一度自分の生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

 

背中のニキビ

皮脂分泌量が多いのはTゾーンだけではありません。

体の中でも背中、特に肩甲骨周りはとても分泌量が活発です。

 

そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすくニキビができやすくなってしまうのです。

背中は自分では見ることができないので、ニキビに気付くのが遅れてしまうのです。

そのため炎症しやすいのです。

それに加えて、背中は顔と比較すると皮膚が厚く硬いため、一度ニキビができてしまうとなかなか治らないのです。

 

背中のニキビの原因

背中は皮脂分泌量が多いので、毛穴に皮脂が詰まりやすく肌トラブルを起こしてしまうのです。

菌も増殖しやすいので、悪化できやすいというのも厄介な特徴の1つです。

 

しかも、もう一つ厄介な点と言えば、衣類を着用しているためその衣類の摩擦や、蒸れなどもニキビを増殖させてしまう原因なのです。

また、ホルモンバランスが乱れることによって多量に皮脂が分泌されてしまいます。

それを防ぐためにもストレスを溜めたり、睡眠時間が不足したりしないように、日々の生活習慣を改めることが必要です。

 

背中のニキビからわかる体の不調

正しいお手入れ方法や生活習慣の改善を行っても、背中ニキビが治らない場合があります。

その場合はもしかしたらマラセチア毛包炎毛孔性苔癬などの皮膚疾患を患っているのかもしれません。

症状が長く続いてしまう場合は、医療機関に足を運んでしっかり専門医に診てもらうことが大切です。

 

背中のニキビの予防方法

生活習慣や食生活を見直し、ホルモンバランスを整えるようにしてください。

ストレスをためることなく、十分な睡眠をとって規則正しい生活を送ることが第一です。

 

しかし、1番気をつけなければいけないのは背中を清潔することです。

お風呂に入っていくら清潔にしていたとしても、皮脂の汚れが残っている可能性があります。

体の隅々までしっかり洗い流し、すすぎ残しのないように気をつけてください。

 

また、乾燥肌を招いてしまうと逆に皮脂の分泌量が増えてしまいます。

保湿対策をしっかりと行い、乾燥肌を予防するようにしましょう。

 

背中のニキビは気づきにくいので定期的に鏡を見て確認するようにしましょう。

ニキビや赤みを発見した場合には、すぐにニキビケアをしなければいけません。

 

まとめ

今回はそれぞれの箇所に発生するニキビについて細かく説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

その原因や予防法などもご紹介しましたので、これ以上ニキビが増えないようにお手入れを頑張ってくださいね!

 

それぞれの箇所によって原因となる身体の不調も異なります。

1つ言える事は、どのニキビにもホルモンバランスの乱れが関係していることです。

ストレスをためることなく、規則正しい生活を送ればホルモンバランスが乱れる事は無いので、皆さんも一度自分の生活習慣を見直してみてくださいね!

 

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば、幸いです。

 

*ニキビの改善効果が絶大なビーグレンの効果とは?

シミ効果
ビーグレン赤ニキビ・白ニキビに効くって本当?!購入者のリアルな口コミ効果とは?

「20歳を過ぎればそれはニキビではなく吹き出物」などと言われますが、実際大人ニキビに悩まされている人は多いです。 &nb ...

続きを見る

-ニキビ

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.