ビーグレンはニキビ・毛穴・美白などの効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に!

シミ

産後にシミ大量発生!?ママになると増える原因は?適切な対策方法とは一体?

更新日:

多くの女性が出産後にできたしみに悩みを抱えているのではないでしょうか?

念願の出産を経験してママになったのに、同時にシミが増えてくるなんて嫌ですよね。

生まれてきた赤ちゃんの為にもいつまでも若々しく美しい女性でありたいというのは、誰もが思うことです。

 

では、なぜ出産を経験した後にはシミが増えてしまうのでしょうか?

 

今回はその原因や対策方法も一緒にご紹介していきます。

今後シミを増やさないためにも、ぜひ参考にしてみてください!

 

産後にシミが増える理由とは

産後はエストロゲンが一気に減るため

なぜ、産後はシミが増えてしまうのでしょうか?

 

産後に出来るシミには、通常でできるシミとは少し違った原因があります。

女性は出産や妊娠を経験することで、ホルモンバランスが変化してしまいます。

ご存知の方も多いと思いますが、エストロゲンとプロゲステロンの2種類が女性ホルモンにはあります。

 

エストロゲンというホルモンは別名美肌ホルモンとも言われています。

このホルモンにはお肌の水分量を高める働きがあるので、ハリやバリア機能を維持してくれる役割を担っているのです。

逆に言えば、このエストロゲンというホルモンがあるからこそお肌の弾力やハリを維持することができるのです。

 

しかし、出産や妊娠を経験することでこのエストロゲンの分泌量が一気に減ってしまいます。

 

このホルモンが減少することによって、お肌の水分量も減ってしまいます。

そのせいで紫外線などの刺激をバリアする機能が低下してしまい、シミができやすくなってしまうのです。

乾燥も招きやすいお肌の状態になっているので、シワができてしまう可能性もあるんですよ!

 

妊娠中に増えたプロゲステロンの影響

実はシミは、産後に増えやすい状態になるのではなく妊娠中からできやすい状態になっているのです。

上記ではエストロゲンの減少が原因だと上げていきましたが、もちろんもう一つのプロゲステロンという女性ホルモンも深く関係しています。

 

女性は妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量がともに増えていきます。

厄介なことにプロゲステロンにはメラノサイトを活性化する働きを持っているため、メラニンを作り出しやすいのです。

メラニンが多く分泌されるため、妊娠中にシミが増えやすい状態になってしまうのです。

 

出産後はプロゲステロンやエストロゲンも分泌量が一気に減少してしまいます。

 

しかし、一般的には以前のようなホルモンバランスに戻すまでは半年から1年かかると言われています。

ホルモンバランスを整えるのに大変時間がかかってしまうため、産後もシミができやすい状態になってしまうのです。

 

産後に増えるシミの種類

妊娠中や出産後に触れる市民には、大きく2種類に分かれています。

その2つとも原因や特徴、改善方法などもそれぞれ異なるので、自分のシミがどちらに当てはまるのか確認してみましょう。

 

妊娠性肝斑

まず1つ目のシミは妊娠性肝斑と呼ばれています。

これは、妊娠をしたことがきっかけでホルモンバランスが変化してしまうことが直接的な要因となっています。

日焼け止め対策をして、しっかり紫外線対策をしていてもプロゲステロンによる影響でメラニンが多量に分泌されてしまいます。

そのせいでシミが大量に発生してしまうのです。

 

また、この妊娠性肝斑には 2つの特徴があります。

輪郭がぼやけていることと、左右対象にできることが多いことです。

輪郭がはっきりせずぼやっと肌の上に出てくるので、シミではなく、すみのように見えてしまうこともあるようです。

 

老人性色素斑

もう一つは老人性色素斑と呼ばれています。

これはシミの代表格とも呼ばれるほど、有名な症状です。

はっきり言うと、これは紫外線が原因です。

 

妊娠中や出産後、紫外線対策をあまりしていなかったという人も多いのではないでしょうか?

出産で疲れたからといって紫外線対策を怠ってしまうと、プロゲステロンによる影響で通常より大量にメラニンが構成されてしまうのです。

これらの影響によって、色の濃いシミが肌に残ってしまうのです。

 

また、この老人性色素斑の特徴は先程の妊娠性肝斑とは真逆です。

このシミは輪郭がはっきりとしていて、紫外線の影響を受けやすいところにできるというのが特徴です。

 

産後のシミ取り対策

まずは紫外線対策が最優先

上記で妊娠性肝斑の原因は紫外線でないことをお伝えしましたが、紫外線対策を怠っていいというわけではありません。

むやみに紫外線を浴びてしまうと、体の中でメラニンが多く構成されてしまうので、シミの色をさらに濃くしてしまうのです。

もちろん、たとえ妊娠性肝斑ができないとしても紫外線を浴びてしまえば老人性色素斑ができてしまう可能性もあります。

 

出産後、シミのトラブルで悩まないようにするためには妊娠中からしっかり紫外線対策をしておくようにしましょう。

隙間なく日焼け止めを塗って、外出する時は日傘や帽子、ストールなどの衣類で紫外線対策を行うようにしましょう。

 

そして、1番お伝えしなければいけないのは産後のお肌はとてもデリケートな状態になっているということです。

お肌のバリア機能が著しく低下している状態なので、普段より丁寧にお肌を扱わなければいけません。

刺激の強い日焼け止めなどを塗ってしまうと、逆に肌トラブルを招いてしまう危険性もあります。

産後は低刺激な敏感肌用の紫外線対策アイテムを使用するようにしましょう。

 

肝斑にはトラネキサム酸の内服薬を

妊娠性肝斑は老人性色素斑とは違い、ホルモンバランスを整えることによって徐々に薄くすることができます。

 

しかし、それでも妊娠性肝斑の症状がよくならない場合は、トラネキサム酸の内服薬での治療が効果的です。

トラネキサム酸には内側から色素沈着を抑えてくれる働きがあります。

内側から妊娠性肝斑を改善してくれるので、より高い効果を得ることができますよ。

 

ただ、これは内服薬なので安易に服用するのはやめておきましょう。

病院へ行き、必ず専門医に相談してから飲むようにしましょう。

 

また、肝斑のタイプによってはレーザーでの治療を行うことができます。

シミを改善するのに内服薬では半年ほどかかってしまうかもしれませんが、レーザー治療を行えば短期間でシミを改善することができますよ。

 

老人性色素斑には美白ケアを

一般的に老人性色素斑は、美白効果のある成分を含んでいる化粧品を使用すれば、それ以上症状が悪化してしまうのを防ぐことができます。

美白効果のある成分は、

 

  • ビタミンC誘導体
  • カモミラET
  • m-トラネキサム酸
  • 天草エキス

 

などが挙げられます。

 

また、ご紹介した成分は低刺激のものなので、お肌に負担を与えることなくお手入れすることができますよ。

産後は特に優しく丁寧にお肌をケアしてあげなければなりません。

化粧品を選ぶ際には、これらの成分が含まれているかどうか確認してから購入するようにしましょう。

 

出産後はエストロゲンが著しく減少しているため、その影響で乾燥肌を招きやすい状態になっています。

それを防ぐためにも化粧水や乳液などは保湿効果の高いものを使用するようにしましょう。

美白美容液をプラスして使用するのも、シミの改善につながるかもしれませんね。

 

ビタミンA・C・Eを摂取する

妊娠中や出産後にシミを増やさないためには、外側からのお手入れだけではなく内側からもケアしてあげなければなりません。

 

内側のケアには食生活が挙げられます。

特にビタミンAやビタミンC、ビタミンEにはシミの予防や改善に大きな効果を与えてくれるのでおすすめです。

ビタミンAはターンオーバーを促進してくれる働きがあり、ビタミンCにはメラニンの構成を防ぐ働きがあります。

ビタミンEにも血流の流れを良くしてくれる働きがあるので、日頃の食生活で積極的に摂取するようにしましょう。

 

具体的にどのような食べ物が効果的なのかご紹介していきます。

 

  • ビタミンA →うなぎ、レバー、ニンジンなど
  • ビタミンC→いちご、実キャベツ、パプリカなど
  • ビタミンE →かぼちゃ、ナッツ類、たらこなど

 

これらの食材にはたくさんのビタミンが含まれているので、食卓のメニューに加えてみてくださいね!

出産後は赤ちゃんのお世話があるため、なかなか忙しくて時間が取れない方も多いですよね。

しかし、いつまでも若々しく綺麗なママであり続けるためには、紫外線対策を怠らず、食生活でもシミの予防や改善を図ることが大切です。

一度食生活を見直し、ビタミンが豊富なメニューを作ってみませんか?

 

母乳をあげる(授乳)

実は、シミを改善する方法として赤ちゃんに母乳をあげることも効果的なんですよ!

出産後は女性ホルモンの影響で、赤ちゃんに母乳をあげることでシミが薄くなると言われているんです!

 

しかし、栄養のある母乳をあげるためには多くのビタミンCが必要不可欠なります。

赤ちゃんに母乳をあげることでビタミンC不足になってしまう可能性があります。

ビタミンCが不足してしまうことで紫外線の刺激を強く受けてしまうこともあります。

 

食生活でビタミンを補うだけではなく、外出する時や家にいる時なども紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

紫外線対策を怠ると、消えないシミを生み出してしまう原因にもなるので気をつけましょう。

 

産後のシミとりにレーザー可能?いつからできる?

上記で軽くお伝えしましたが、レーザー治療に興味を持った方も多いのではないでしょうか?

出産後レーザー治療はいつからできるのか分からなくて困っている方もいることでしょう。

 

レーザー治療がいつごろできるかはそれぞれの専門医によって違ってきます。

少なからず言える事は、出産直後は体がまだ弱っている状態なので、治療を受ける事は難しいということです。

体が十分に回復していないのに無理に治療を行ってしまうと、また別の場所に影響を及ぼしてしまう危険性があります。

 

ですので、体調が良くならないうちはレーザー治療を控えるようにしましょう。

また、レーザー治療をした後は紫外線を浴びてはいけません。

それだけでなくいくつかの条件が伴ってくるので、しっかり確認しておかなければなりません。

 

出産後いつから治療できるのか、どのような条件が付いているのかなど気になる方は、病院に行ってしっかり専門医と相談するようにしましょう。

 

消せないなら「目立たなくさせる」

出産後は赤ちゃんの世話だけではなく、家の家事もこなさなければいけないのでお手入れに時間を取れない方が多いことでしょう。

日ごろのシミ対策やスキンケアが不足してしまうと、すぐにシミを改善するのが難しくなってしまうかもしれません。

 

しかし、家事や育児が忙しいからどうにもできないと嘆いている方はいらっしゃいませんか?

そのような方は、ゆっくりとシミを目立たせないようにしていきましょう。

 

シミを目立ちにくくさせるためのポイントをご紹介します。

 

  • 汚れが残らないようにメイクをしっかり落とすこと
  • 丁寧に保湿をしてあげること
  •  十分過ぎるくらい紫外線対策をすること

 

これらの3つがとても大切なポイントです。

 

これらのポイントを押さえながら丁寧にお手入れをしてあげることで、ターンオーバーのサイクルを正常に戻してくれます。

ターンオーバーのサイクルを整えたからといってすぐにシミが消えるわけではありませんが、徐々にシミを目立ちにくくさせることができます。

 

しかし、メイク汚れをしっかり落とそうと洗顔力の強いクレンジングなどを使用するのは控えてください。

 

上記でも説明した通り、出産後のお肌はとても敏感です。

そのような状態の肌に刺激の強いものを加えてしまうと、別の肌トラブルを招いてしまう危険性があります。

低刺激の洗顔料を使用してぬるま湯で顔をしっかり洗えば、汚れは十分に取ることができますよ!

 

まとめ

今回は産後にシミができてしまう原因や対策方法などをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかく愛する子供が生まれたのに、その影響でシミだらけの顔になってしまうのは避けたいですよね。

 

シミを増やさないためにも、紫外線対策保湿ケアはしっかり行うようにしましょう。

これらを怠ってしまうとシミだけではなく、ニキビやシワなどの別の肌トラブルを招いてしまう危険性もあるので、毎日必ず行ってくださいね!

 

いつまでも若々しいお肌を手に入れるために、今回の記事でお伝えした方法をぜひ試してみてくださいね!

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば幸いです。

 

*シミの改善効果が絶大なビーグレンの効果とは?

シミ効果
ビーグレン美白効果が話題に!シミが消えるって本当?!

ビーグレンといえばニキビケアが有名ですが、美白にも力を入れています。   独自の浸透テクノロジーが有効成分を肌 ...

続きを見る

-シミ

Copyright© 【大暴露】ビーグレンの効果ってどうなのよ?!ニキビ・シミ・毛穴の口コミ評判を丸裸に! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.