油汚れもスッキリ洗浄力の強い洗濯用洗剤ランキング

洗濯

油汚れのお洗濯、なかなか落ちずに悩んでいる方も多いと思います。

たくさんある市販の洗濯洗剤の中で、油汚れに効果のあるものはどれがいいのか迷ってしまいますよね。

こちらでは油汚れにオススメの洗濯洗剤をランキング形式でご紹介します。

おススメの油汚れ洗濯洗剤ランキング3選

油汚れなどがよく落ちる洗浄力の強い洗濯洗剤のランキングです。

今回おススメの3点とも洗浄力が強いと評判の商品ですが、それだけじゃなくプラスアルファがあるものを選びました。頑固な汚れが落とせる、環境に優しいものをご紹介します。

お気に入りの洗剤が見つかれば嬉しいです!

第1位 オキシクリーン マルチパーパスクリーナー


オキシクリーンはふだんの洗濯だけじゃなく、ガンコなシミ抜きさえも広い範囲に使うことができます。

いつもの洗濯にプラスするオキシクリーン『アタック』等の洗濯洗剤のにプラスしてオキシクリーンを付属スプーンの1/2くらい入れると汚れ落ちが一段とUPします。
お湯で溶かしてからいれるのが力を発揮しますが、時間が掛かるなら粉末のままでもOKです。

タオルのくすみやシャツの汗ジミを防止するうえ、除菌効果が期待できるので衣類からイヤな臭いがつきづらくなるのもうれしいポイント。

第2位 炭酸ソーダ アルカリ洗浄剤


セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸塩で構成された強い「アルカリ剤」で、合成界面活性剤とは異なり環境にやさしいのが特徴で、油汚れがとても良く落ちます。

シルクやウールの洗濯に向いていて、繊維をいためずに洗濯することができるというわけです。そして、血液のシミ、汗であるとか靴下の悪臭取りにもご使用いただくことができます。

第3位 作業着 液体洗剤 業務用 WORKERS(ワーカーズ)


プロレベル WORKERS(ワーカーズ) 作業着に特化した洗濯用液体洗剤です。

作業着ならではのうんざりする汚れにかなり有効な洗浄力を見せてくれる洗剤。

頑固な油汚れにスピーディーに浸透し、汚れをグイッとキレイにします。

汗・皮脂汚れにまで威力を発揮、ニオイすらももいとからきれいにします。 色柄ものにも利用できます。

洗浄力を徹底比較した結果

やっぱり、ランキングでオキシクリーンを1位にしてしまいました。

洗濯からお掃除までさまざまな汚れを落とす「オールマイティな粉末洗剤」ということでママさんの間でダントツ人気なんです。

セスキ炭酸ソーダは、環境にもやさしい商品ですが、オキシクリーンと比較しますと洗浄パワーが弱く、重曹より洗浄パワーがしっかりした万能型で安定したホーム洗浄剤で人気です。

ちょうど良い洗う力と水でも溶け易いセスキ炭酸ソーダは使いやすさがお薦めできます。セスキ水を作ることだって簡単です。

作業着 液体洗剤ワーカーズも、作業着洗いに特価した洗濯洗剤で頑固な油汚れにスピーディーに浸透し、汚れをグイッとキレイにてくれますよ。

油汚れを落とす洗濯用洗剤を選ぶポイント

洗濯洗剤は、それぞれ良いところがあり、どれを使うか迷ってしまうところですが油汚れや皮脂の汚れの洗浄力が一番強いのは『粉末洗剤』なのです!

洗濯洗剤のパッケージには必ず成分表示が印刷されているので、「液性」という欄をチェックしましょう。

液性には「中性」「弱アルカリ性」「弱酸性」などありますが、その中で洗浄力が強い洗剤は「弱アルカリ性」です。

油汚れなどの汚れは酸性で、その逆の性質である『弱アルカリ性』の洗剤を使って汚れを中和すれば、汚れは落ちやすくなるというわけです。

数ある洗剤の中で、油汚れに強い・洗浄力が高い洗濯洗剤は『弱アルカリ性の粉末洗剤』ということになりますね。

油汚れだけじゃなく、汗や泥で汚れた靴下など液体洗剤では落ちなかった汚れも、粉末洗剤ならスッキリと洗い流してくれるはずです。

ただアルカリ性の洗濯洗剤は洗浄力が強いが故、デリケートなお洋服を傷めてしまう可能性がありますので、大事なお洋服を洗うときは液体洗剤の「中性」を選ぶと良いでしょう。

洗剤の効果を十分に発揮する正しい使い方は

使用量を正しく測って入れましょう。

ついつい適当に入れてしまったり、多い方が洗浄力が高くなる気がしてしまいますが、そんなことはありません。

洗濯機の大きさと洗濯物の量に適した使用量をきちんと計ることはとても重要です。

洗濯物を詰め込みすぎない

洗濯機にたくさん洗濯物を入れてしまうと、いくら洗浄力が強い洗剤を使ってもその効果は半減してしまいます。

洗濯機の7割(ドラム型洗濯機の場合は4割)程度を目安に詰め込みすぎないようにして、何度かに分けて洗濯するようにしましょう。

お風呂の残り湯を使う

まだ温かい残り湯を洗濯の「洗い」に使うと洗浄力が高まり、皮脂汚れや油汚れを落とす効果が高いです。

粉末洗剤は冷たい水だと粉が溶け残ることもありますが、残り湯を使うとその心配もありません。

節水効果で水道代節約にもなりますね!

しつこい油汚れやにおいには、温水つけおき洗いがおススメです!

温水つけおき洗い

30~40℃のぬるま湯に粉末洗剤をよく溶かし混ぜ、洗濯物を30分~2時間ほどつけおきます。

つけておいた洗濯物を洗濯機に入れて、水を継ぎ足して普通に洗います。

落としにくい頑固な油汚れも、つけおくことできれいさっぱり落ちてくれます。

まとめ

洗浄力の強い洗剤についてまとめました。

最近は液体洗剤やジェルボールに押されがちな粉末洗剤ですが、容量が多く値段がリーズナブルなこともありコスパも抜群!

生活や自分に合う洗剤を色々試してみたり、用途によって液体、粉末、ジェルボールと使い分けたりするのもオススメです。

油汚れがよく落ちるお気に入りの洗剤を見つけて、毎日の洗濯が少しでも楽になるといいですよね。