カーペット洗濯機で洗えますか?最悪の場合洗濯機が壊れる可能性も

洗濯

カーペット洗濯機で洗えますか?最悪の場合洗濯機が壊れる可能性も

ご自宅にあるカーペットのお手入れって、どうしていますか?

普段は、掃除機をかけて表面についたゴミを吸い取る程度だと思います。

けれども、長い期間同じものを使い続けて表面が薄汚れてきたり、何かをこぼしてひどく汚してしまったり、また、季節に合わせて敷くものを取り変えたくなったりした時は、きれいにお洗濯したいですよね?

そんな時、カーペットって、果たして自宅の洗濯機で洗えるのでしょうか?

洗濯機で洗濯できるカーペットの見分け方 洗濯表示とは

まずは、カーペットについている洗濯表示のタグを見てみましょう。

タグには、サイズ、材質、洗濯時の注意などの情報が表示されていて、洗濯ができません・洗濯ができますと、はっきり明記されています。

ウール素材や、ファータッチラグなどの特殊な加工をしているような素材のカーペットは、基本的に洗濯ができないようです。

洗濯ができるカーペットも、使用する洗剤や洗い方、乾かし方など、洗濯の時の注意事項が細かく表示されていますので、洗濯前によく確認する必要があります。

カーペットを 洗濯機で洗う場合最悪壊れる可能性あり

それでは、洗濯ができますと表示されているカーペットなら、さっそく簡単に洗濯ができるのでしょうか?

ちょっと待ってください。洗濯ができるカーペットでも、注意が必要です。

カーペットは、普段洗濯するものに比べて容量が大きいため、水を吸収するとかなり重量が増えてしまいます。

ですので、水を吸収した状態のカーペットが、洗濯槽で回るときのことを考慮しなければなりません。

あまりに重すぎる場合は、洗濯槽の中で洗ったり脱水したりしている最中に洗濯機がバランスを崩し、エラーが出たり、洗濯機自体が傾いたり倒れたりする原因にもなるようです。

その結果最悪、故障してしまう可能性もありますので、充分に注意が必要です。

また、たとえ洗濯可能だとしても、手洗いのマークがついているカーペットは、洗濯機では洗えませんので、こちらも注意が必要です。

カーペットを洗濯機で洗濯する場合の注意点

洗濯機でカーペットの洗濯をする場合、一番の注意点は洗濯機の洗濯可能重量と、洗うカーペットの大きさが合っているかということです。

目安としましては、下記の通りになります。

・1畳用のカーペット…洗濯機の容量 8㎏以上
・2畳用のカーペット…洗濯機の容量 10㎏以上
・3畳用のカーペット…洗濯機の容量 14㎏以上

洗いたいカーペットのサイズが、ご自宅の洗濯機の容量に対して大きい場合は、洗濯ができませんのでご注意ください。

カーペットについているタグを見て、洗濯の際に使用する洗剤や、水の温度、洗い方、乾燥の仕方などをよく確認することも大切です。

洗う前には念入りに掃除機をかけ、取り除ける汚れはすべて取り除いてから、表面を内側にして折りたたみ、ロール状に丸めます。

この後、洗濯ネットに入れます。カーペットを洗っているときに、ふちが洗濯槽にあたり傷みやすいので、保護するためにも洗濯ネットの使用をお勧めします。

表示に従って洗濯が終わった後、乾燥の際にはカーペットの表面を内側にして、布団干しなどにかけ、陰干しをします。

生乾きになると、においやカビの原因になりますので、よく乾く晴れた日に洗ってください。

また、ドラム式の洗濯機の場合、厚手のものは洗濯不可となっているため、カーペットは洗えないということになりますので、ご注意ください。

カーペットを洗濯機で壊さない洗濯方法 手洗い

では、自宅の洗濯機の容量ではカーペットが洗濯できない場合は、どうしたらよいのでしょうか?

大丈夫です。そんな時は、お風呂の浴槽を利用して洗うことができます。

自宅の洗濯機がドラム式の場合、また、手洗いでないと洗えない場合でも、この方法が使えます。

まずは、カーペットの表面に掃除機をかけ、取り除ける汚れはすべて落としておきます。

浴槽の大きさに合わせて、表面が外側になるようにカーペットをジャバラ折りにし、カーペットがひたひたになるくらいまでお湯を入れたら、洗剤を入れて1時間ほどつけおきします。

この時、お湯の温度や使う洗剤は、カーペットのタグに表示してある内容どおりにしてください。守らない場合、カーペットが縮んだり伸びたり、変質する恐れがあります。

つけ置きが終わったら、浴槽に入り、足で踏みながら洗っていきます。ひとところだけでなく、移動しながら均等に洗い、途中でカーペットをひっくり返して別の面も洗ってください。

充分に洗った後はお湯を抜いて、浴槽についた洗剤の泡をシャワーで流し、カーペットを足で踏みながら水分を抜くようにします。

上記の作業が終わったらまた浴槽にお湯をため、カーペットにしみ込んだ洗剤を足踏みして落としていきます。

このすすぎ洗いを3回ほど繰り返し、充分に洗剤を落としたら、浴槽のお湯を抜いた後念入りに足で踏み、カーペットから水をしぼっておきます。

この後、浴槽にカーペットをかけながら、可能な限り水をぬきます。水が滴らなくなったら、布団干し等にかけて陰干しします。

なるべく風の通りがよく、全体的に空気が触れるようにかけるようにすると、乾きが早くなります。途中でひっくり返して、裏表よく乾かし湿気を完全に抜いてください。

カーペットを洗濯機で壊さない洗濯方法 コインランドリー

自宅の洗濯機でカーペットを洗濯できない場合、他にもコインランドリーで洗濯するという方法もあります。

洗濯機で洗濯するときと同じように、洗濯ネットに入れるまで準備をし、コインランドリーまで持っていきます。

店舗にもよりますが、小型から大型までの洗濯・乾燥機が用意されていますので、カーペットの大きさに対して適した洗濯・乾燥機を選び、機械についている説明書きの通りに操作してください。

コインランドリーを使用するには、洗濯機の使用、乾燥機での乾燥が可能であることが大前提ですので、あらかじめしっかりカーペットのタグの洗濯表示を確認しましょう。

これらをクリアすれば、持ち物がカーペットとお金だけで済みますので、コインランドリーの使用は大変手軽です。

洗濯も乾燥も、機械に放り込めば後はただ時間がたつまで待つだけで済み、乾燥の際には、熱風でダニ退治もできてしまいますし、お天気を気にする必要もありません。

気になる金額ですが、店舗やカーペットの大きさで違いはありますが、おおむね1,000円~2,000円くらいで済みそうです。

カーペットの洗える洗濯・乾燥機が置いてない店舗もあるようですので、金額も含め、事前に情報を調べてからお出かけになることをお勧めします。

まとめ

カーペットの洗濯は、まず事前にしっかりと必要事項を調べ、その内容に従って洗濯をすることが大切だということがわかりました。

洗濯ができない表示のカーペットでも、クリーニング店に持ち込めば洗濯可能なことが多いようですので、相談してみるとよいかもしれません。