カーペットの酸っぱいにおい何とかしたい原因とお手入れ方法

掃除

お気に入りのカーペットは、なるべく長く使いたいものですが、年数の経過とともに、不快な匂いが気になってくることってありますよね?

そうです、あの鼻につく酸っぱい匂いです。

カーペットに寝ころぼうとした途端あの匂いが漂ってきたら、がっかりしてしまいます。

せっかくのくつろぎの時間を台無しにするあの匂いは、一体どこから来るのでしょうか?また、匂いへの対策はあるのでしょうか?

カーペットの 酸っぱい 匂いの原因は

まずは、匂いの正体を知りましょう。

カーペットから漂ってくるあの酸っぱい匂いは…

菌が繁殖した時に発生するものなんです。

カーペットの表面には、一見気づきにくいけれど、さまざまな汚れがついています。

ひとから出る皮脂や汗、ほこりや細かなゴミ、食べ物のカスやこぼした飲み物のふき残しなど、カーペットの毛の奥に入り込んでしまったり、掃除機では取り切れなかったりした汚れは、どんどんたまってしまいます。

それらの汚れが餌になって菌は繁殖していき、あのいや~な匂いを発するのです。

酸っぱい匂いがついてしまった時のお手入れ方法は

では、この匂いは、どうしたら取ることができるのでしょうか?

実は、この不快な匂いは、意外と簡単に消すことができます。

匂いを消すと聞いてまず思い浮かぶのは、ファブリーズやリセッシュなど、お馴染みの消臭スプレーだと思いますが、これらは使用すれば一定の成果はあるものの、時間が経つとまた匂いが復活してしまいます。

これらの商品の多くは中性ですが、菌が発する匂いの元の物質は、酸性の性質を持っています。

ですので、アルカリ性の性質を持っている物質で中和すれば、匂いを消すことができますし、根本的な解決となるのです。

そのアルカリ性の物質とは、“重曹です。

使い方につきましては、後ほどご紹介させていただきます。

酸っぱい匂いをつきにくくする予防方法はある

匂いの元を取る前に、匂いを発生させないための予防法は何かあるのでしょうか?

匂いの原因である菌の繁殖をおさえることができれば、予防につながります。

では、菌が繁殖するためには、何が必要なのでしょう?

それは、菌のえさになる皮脂やほこり、食べ物のカスなどによる汚れと、湿気の多い環境です。

ですので、カーペットの表面をこまめに掃除して菌のえさとなる汚れを取り除き、湿気をためないように心がけることで、菌の繁殖を抑えることができるのです。

方法としましては、カーペットに掃除機をかけた後、かたく絞ったぞうきんで表面をこまめに拭き、汚れを取ります。

水だけでは落ちない汚れについては、薄めた洗濯用洗剤を使ってふき取ることもできますが、カーペットの材質によっては洗剤が使用できないこともありますので、カーペットについているタグの洗濯表示をよく確認してから使用してください。

重曹を水に溶かしたものをスプレーするのも、効果的です。

これらのいずれの方法も、効果の反面、湿気の原因にもなりますので、水分を蒸発させるために窓を開けて風を入れたり、除湿機を使ったりして湿気をためないように気を付けてください。

また、洗濯物を室内干しすると室内に湿気がたまりますので、カーペットのない部屋で干したり、除湿機を使うなどして湿気を防ぐことが大切です。

普段から晴れた日にはこまめに窓を開けてお部屋の空気の入れ替えをしたり、梅雨時には除湿機をかけたりして、湿気をためないようにしましょう。

カーペットを二回に分けて半分ずつひっくり返し、床や畳と面する裏側を空気に触れさせる機会を作るのも、湿気対策になりますので、ぜひ試してみてください。

カーペットの酸っぱい匂い重曹で掃除その手順

それでは、重曹を使ったお掃除方法を紹介させていただきます。

まず、重曹を用意します。

ドラッグストアーや、スーパー、100均など、重曹はどこでも売られていますので、お買い物の際についでに手軽に手に入れることができます。

用意した重曹を、カーペットにまんべんなくまいていきます。

そのまましばらく放置します。匂いが強いときは、一晩くらい置いた方が効果的です。

充分に置いた後、重曹を掃除機で吸い取ります。

吸い残しがないように、念入りに掃除機をかけてください。

たったこれだけで匂いが取れますので、お買い物のついでに重曹を購入し、お掃除のついでに重曹をまいて、ぜひ試してみてください。

重曹を使うときの注意点も二つ挙げておきます。

・カーペットの種類によっては色落ちの可能性もありますので、使用する前にカーペットの隅に試しに重曹を少しまき、確認することをお勧めします。
・毛が長いタイプのカーペットに使用するときは、掃除機だけでは吸い取り切れず、重曹が毛に絡みついて取れなくなる可能性がありますので、粉のまままかずに水に溶かしたものをスプレーした方が無難です。

新しく買うならタバコや生活臭ペット臭にまで効果 除菌・消臭カーペット

カーペットの匂いの原因は、他にも、たばこやペットなどが挙げられますね。

では、最初から匂いを防いでくれる、除菌・消臭仕様のカーペットってあるのでしょうか?

最近では、消臭スプレーを出しているようなメーカーと共同開発した、除菌、抗菌、消臭効果のあるカーペットも発売されているようです。

カーペットの材料に特殊な加工が加えられていて、匂いの原因を作る菌の繁殖を抑え、匂いそのものがつきにくく、ダニ除け効果もあるので、アレルギーの対策にもなります。

お値段は普通のカーペットと比べると少々高めになってしまいますが、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使え、快適に過ごせそうですね。

まとめ

カーペットの匂いの原因と、対策、予防法もわかりましたので、菌を繁殖させないようにこまめに対策しつつ、重曹を常備しながら状況に応じて使用し、カーペットのお部屋でより快適にくつろいでください。