クッションフロアの黒カビの落とし方とキレイに保つポイントは

掃除

洗面所やトイレ、キッチンなどによく使用されているクッションフロア。

丈夫で水をはじき、汚れてもすぐ拭き取れるとメリットがたくさんありますが、いつのまにか黒い汚れが付いている…なんてことはありませんか?

しかもその黒い汚れ、拭いただけではキレイにならないと悩んでいる方も多いと思います。

実はその黒い汚れ、黒カビの可能性があるんです!

家の中にカビが生えているなんて、放っておけないですよね。

ここではクッションフロアの黒カビの落とし方、予防方法をお教えいたします。

クッションフロアとはどんな素材

クッションフロアの素材は塩化ビニールで作られた床のシートです。シートの厚みは2mm〜4mmでとても柔らかな床材です。

主に水を使うキッチンや洗面台、トイレなどの床に使用する方が多く、フローリングなどの床材よりも安価に施工することができます。

水をはじきやすく掃除しやすい反面、傷には弱く凹みができやすいというデメリットもあります。

木目調やタイル柄など色や柄も豊富で、抗菌やペット対応と本当にたくさんの種類があり、お気に入りのデザインを見つけられることがクッションフロアのメリットと言えます。

クッションフロアに黒かびはなぜ発生するの

クッションフロアは水に強いことから水まわりに使われることが多いのですが、水がある場所はどうしても黒カビが発生しやすくなってしまいます。

湿度と汚れが大好物のカビですから、高い湿度とキッチンや洗面台を使った後の汚れとで黒カビが繁殖してしまうというわけです。

お風呂場の脱衣所などは水分や湿気も多く、常に床が湿った状態にしてしまいがち。

そうするとカビが好む環境になって黒カビが発生し、放置するとどんどん増殖してしまいます。

気がついたらクッションフロア全体が黒カビだらけ…なんてことにならないよう、気をつけたいですね。

湿度が高くなる梅雨の時期などは特に注意が必要です。

黒かび落としに準備するものは

黒カビを落とすにはアルコールスプレーが便利です。

最近はホームセンターやドラッグストアにも『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレーが売っていますので、手に入れやすいですね。

アルコールスプレーはいろいろな場所のお掃除にも使えて、さらに黒カビの予防にも使えるので1本常備しておいてもいいかもしれません。

それでは、クッションフロアの黒カビ落としに準備するものをご紹介します。

・アルコールスプレー

・中性洗剤(食器用の洗剤)

・バケツなどの容器

・水

・雑巾(3枚ほど)

・ゴム手袋

クッションフロア黒かびの落とし方

1.クッションフロアにアルコールスプレーを吹き付け、10分ほど待ちます。なるべく広い範囲にスプレーしましょう。
2.バケツの中に中性洗剤を入れ水で薄めます。そこへ雑巾を入れて固く絞り、カビを優しく拭き取ります。
3.きれいな水で新しい雑巾を固く絞り、洗剤を残さないように水拭きします。
4.乾いた雑巾で乾拭きし、水分を残さないように拭きあげれば完了です。

クッションフロアのカビ部分だけでなく、広範囲にアルコールスプレーをして、カビをこれ以上広げないようにするのがコツです。

床が湿っているとまたカビが発生してしまう可能性があるので、仕上げによく乾拭きをして床に水分が残らないようにしましょう。

表面についた黒カビでしたらこの方法だけで取り除けます。

クッションフロア黒かびそれでも落ちない場合はどうする注意点は

アルコールスプレーだけでは落ちない黒カビの場合は、市販の『カビキラー』などの強力な塩素系漂白剤を使ってみましょう。

1.気になる黒カビにカビ取りクリーナーを直接スプレーします。カビが隠れるくらい吹き付けると良いでしょう。
2.黒カビに洗剤を浸透させるため、2〜5分ほど待ちます(クリーナーにより時間が変わりますので、ご確認ください)
3.雑巾でクリーナーを拭いた後に何度か水拭きをして丁寧に拭き取り、その後乾いた雑巾で乾拭きして完了です。

塩素系漂白剤を使うときは注意点がいくつかあります。

塩素系漂白剤使うときは必ずゴム手袋をして、換気も忘れずに。

強い塩素系漂白剤でクッションフロアを痛めてしまうこともあります。

初めて使うときは目立たない場所に吹きかけて、様子を見てから使ってみましょう。

黒かびを予防する方法はある?

クッションフロアの黒カビを予防する方法は、お掃除をマメにすることです。

汚れが落ちたらすぐに拭き取る、水分が飛んだらすぐに拭くことを心がけましょう。

また湿気があるとカビが発生しやすいので、換気も忘れずにしてくださいね。

下地からカビが浸透してくる場合もあるので、最初にクッションフロアを設置するときに、下地との間に防カビシートを敷いておくとカビの侵入予防になります。

まとめ

普段生活しているクッショウフロアのところに黒カビが発生していたら…考えるだけで嫌ですよね。

放置すればするほど落ちにくくなっていくので、黒カビの汚れに気が付いたらすぐに対処することが大切です。

気になっている黒カビをきれいに落として、気持ちよく過ごせたらいいですね。