埃がたまらない本棚?ほこりを予防・きれいに掃除するコツは

片づけ

たくさんの本が並んだ本棚、素敵ですよね。でも本棚ってすぐに埃がたまりませんか?

ほこり予防の仕方、本棚をきれいに掃除するコツ、便利グッズなどをご紹介します。

本棚にカーテンをつけて埃を防ぐほこり予防に本棚にカーテンを付けるという方法があります。

カーテンを付ける方法はいくつかありますので、ご紹介いたします。

突っ張り棒でカーテンを付ける

簡単に出来て安価で済むのが、突っ張り棒を使ってカーテンを付ける方法です。

本棚の内側に突っ張り棒を取り付け、そこに既製品のカフェカーテンを付ければ完成。

突っ張り棒は本棚を傷つけずに済むのでオススメです。

カフェカーテンには棒を通す穴が空いているので、とてもお手軽に出来ますね。

ワイヤーでカーテンを付ける

ワイヤーでカーテンを付ける方法は、好きな布で手作りしても良いですね。

お好みの布を本棚のサイズに合わせてカットし、周りをぐるりと三つ折りで縫い、上の部分はワイヤーを通せるように少し折って縫えばOK。

あとはワイヤーに布を通して、本棚の上部内側のちょうど良い場所の両端に釘を打って、ワイヤーを巻きつければ完成です。

本棚のサイズが大きい場合など、自由自在にサイズ調整出来るのがいいですね。

カーテンレールでカーテンを付ける

本格的なカーテンを付けたい場合は、カーテンレールを付けましょう。

ネジでしっかりと固定するので、ずれたり動いたりすることなく、カーテンの開け閉めもスムーズでストレスフリーに使えます。

本棚にカーテンをつけるという方法は、簡単にほこりを防ぐという役割の他にも、本の日焼け防止や、雑然とした本棚の目隠しにもなりますね

埃を防げる扉付き本棚を使ってみる

 


埃を防ぎたいなら、扉付きの本棚を使ってみるのはいかがでしょう。

扉付きの本棚なら埃の侵入を防いでくれるので、お掃除も楽になりますよ。

扉付き本棚をお部屋に置くと高級感が増して見た目がかなりスッキリします。

薄型のおしゃれなタイプ、扉がガラスのタイプ、文庫本がぴったり入るサイズのタイプなどなど、たくさん販売されています。

地震の際に本が落ちてくるのを防ぐ効果もありますので、お部屋を安全にスッキリさせたい方にはオススメです。

100均商品を使って本棚の埃よけ

なるべくお安く本棚の埃よけを試したいという方は、100均の商品を使ってみましょう。

なんと突っ張り棒を使ったカーテンも100均で揃えられるんです。

100均で作る突っ張り棒カーテンの材料

突っ張り棒

突っ張り棒は長さ・サイズによって、100円、150円、300円などお値段が違います。

ダイソーの突っ張り棒はサイズや色が豊富なので、自宅の本棚に合う突っ張り棒を見つけましょう。

カーテン

100均ではなんとカーテンも売っています!

ポップな柄やナチュラルなもの、レースなどの可愛い系などとにかく種類が豊富なので、お好きな柄を選べます。

最初から縫ってあるのでそのまま使えるのも嬉しいです。

安価なため、気分によって色々買い替えられるのも魅力ですね。

カーテンクリップ

ダイソーで「カーテンクリップ」という名称で売っていました。10個入りで100円(税抜き)です。

こちらは突っ張り棒に通して使うカーテンフックで、先がクリップになっているので布がそのまま挟める優れもの。

このクリップを突っ張り棒につけて、本棚に設置、好きなカーテンをフックに挟めば本棚カーテンの完成です。

100均のほこり清掃道具

100均にはほこりの掃除道具も豊富に揃っています。

ダイソー「ふわっとモップ」

使い捨てタイプのハンディモップで、本の上や本と本の間を掃除するのにとても便利です。

セリア「マイクロファイバー お掃除手袋」

履いたまま掃除ができる便利なアイテム。

手袋を履いた両手で本を撫でるだけでほこりが取れていくので時短になります。

100均の商品を上手に使えば、お安く本棚の埃よけが出来ますね。

本棚の埃を予防・掃除する方法

本棚の埃を予防する方法は、本を毎日読むこと!本を定期的に取り出せば本棚に埃はたまりにくくなります。

ですが全部の本を毎日読むのは無理があるし、本がたくさんある場合は難しいですよね・・・。

やっぱり定期的にお掃除をする事が、埃がたまらないいちばんの予防となります。

毎日の掃除方法は、ハンディモップで本の上の埃をこまめにはらう事。

掃除機をかけるついでに本棚の前の方にある埃を吸ってしまう事。

とにかくこまめに、毎日やるのが埃のたまりにくくなるポイントです。

そしてたまには本棚の中の本を全て出して、掃除機で埃を吸い取ると良いでしょう。

埃がたまらないひと工夫とは

本棚の本を全て出して埃を取り除いたあとにひと工夫。

柔軟剤を薄めた水で水拭きをしましょう。

バケツに水5:柔軟剤1の割合で入れ、浸してよく絞った雑巾で本棚を拭いていきます。
柔軟剤を使うことで埃が付きにくく、たまらなくなります。

水拭きした本棚は本が湿ってしまわないように、よく乾かしてから本を戻すようにしましょう。

家にあるものでできると思うので、ぜひやってみてくださいね。

まとめ

埃をたまらないようにすることは、本を傷めないことに繋がります。

大切な本をいつまでもきれいな状態で保管しておくために、毎日のこまめなお掃除を頑張りましょう。