時間がたった油シミの落とし方はある?自宅でできる方法

洗濯


しばらく着る機会のなかった服に袖を通したとき、ふと気が付くと覚えのない油シミがうっすらとついていることってありませんか?

洗濯してからしまってあったはずなのに、いつどんなシミがついたのかも分からない時って、対処の仕方に困ってしまいますよね。

そんな時間が経ってしまった油シミって、落ちるのでしょうか?

落ちるとしたら、落とし方はどうすればいいのでしょうか?

今回は時間がたった油シミの対処の仕方を紹介していきます。

シミにはどんな種類がある

ところで、シミにはどんな種類があるのでしょう?

シミは大きく分けると、下記のように3つに分類されます。

・水溶性のシミ

例:コーヒー、果汁、お茶類、酒類、しょう油、水溶性インク など

落ちやすいシミで、洗剤やせっけんで比較的すぐに落ちます。

・油溶性のシミ

例:チョコレート、油類、ファンデーション、口紅、油性ボールペンのインク など

水溶性より落ちにくいですが、洗剤でつけ置きしたり、もみ洗いをしたりすることによって、落ちやすくなります。

・不溶性のシミ

例:土、スス、サビ、墨汁、ガム など

落ちにくく、落とすのにそれぞれコツがいります。

また、シミには一種類の単独のシミだけでなく、上記の三種類の中で複数の種類が混ざったような、複合的な性質を持つシミもあります。

そのようなシミは、種類分の方法で落とさなければならないので、落とすのは手間がかかり大変です。

シミの種類を確認する方法はある

では、それぞれのシミの種類は、どうやって確認すればいいでしょう。

不溶性のシミは、土やサビやガムなど、見た目で判断しやすいですが、水溶性と油溶性のシミのどちらか見ただけでは判断できない場合は、水を垂らしてみると簡単に見分けがつきます。

水をシミの上に垂らしてみたとき、水が布に吸い込まれていけば水溶性のシミで、水をはじけば油溶性のシミです。

シミを落とすときは、あらかじめどの種類のシミかを確認してから、作業を始めましょう。

油シミの簡単な取り方は

油シミは一見落ちにくそうに見えますが、正しい方法で落とせばそれほど難しくありません。

食用油やチョコレートなど、食べ物が原因のシミの場合は、台所用洗剤を使えば簡単に落とすことができます。

シミのついた部分をお湯でぬらしてから台所用洗剤をかけ、もみ洗いします。

これを何度か繰り返しているうちに、きれいに落とすことができます。

口紅やファンデーションなどの化粧品が原因のシミの場合は、クレンジングオイルを使います。

服を裏返して、他に色が移らないようにシミの部分にタオルを当てて挟み、裏側からシミにクレンジングオイルをぬって、上から歯ブラシなどでトントンとたたくようにしてシミをタオルに移します。

この時、シミを強くこすってしまうと、シミが広がったり繊維の奥に入り込んで残ってしまいますので、気を付けて作業してください。

口紅やファンデーションが完全に落ちるまで、クレンジングオイルを足しながら、この作業を繰り返します。

油性ボールペンのインクのシミは、除菌用のアルコールで落とすことができます。

化粧品のシミの時と同じように、服を裏返してシミの部分にタオルなどを当て、裏側から除菌用のアルコールをかけて、歯ブラシなどで軽くたたき、タオルにシミを移します。

ボールペンのインクの色が完全に落ちるまで、消毒用のアルコールを足しながら、この作業を繰り返します。

以上のことを下準備として済ませてから、仕上げに洗濯をしてください。

下準備の前には、使用する台所用洗剤やクレンジングオイル、消毒用アルコールを、服の隅に少量垂らして様子を見るなどして、耐性があるかどうか必ず確認をしてください。

油シミ汚れに効果的!おすすめ商品は

上記の方法で洗っても油シミがきちんと落ちていない場合は、酸素系漂白剤を使うと効果があります。

油シミは酸性の性質を持ちますので、アルカリ性の性質を持つ酸素系の漂白剤を使えば中和されて、頑固な油分でも落としてくれるのです。

酸素系の漂白剤は、40℃から60℃のお湯に溶かして使用すると、洗浄力がより高まりますので、洗面器などにこの温度のお湯を入れて漂白剤を溶かし、油シミのある服をつけ置きします。

1~2時間ほどつけ置きしてよくすすいだ後、洗濯機で洗濯してください。

酸素系漂白剤は、ウールやシルクなどには使えませんので、使用する際にはご注意ください。

シミをつけてしまった!すぐにできる対処法は

シミがついてしまったら、なるべく早く洗濯しないとシミが落ちにくくなります。

しかし、外出先など自宅ではない場所でシミを付けてしまった場合には、すぐには対応できませんよね。

そんな時は、とりあえず応急処置をしてできるだけシミの成分をぬいておきましょう。

この処置をするかしないかで、洗濯した時のシミの落ち具合が左右されますので、できる限りのことをしておきましょう。

水溶性のシミの場合は、ティッシュ等を水で濡らし、シミの場所にあてて押さえたりたたくようにして、服からシミを吸い出します。

シミが別の場所に移らないように、裏にハンカチなどを当てて作業すると、被害が少なくて済みます。

油溶性のシミの場合は、ティッシュや油取り紙などでできるだけ油分を吸っておきます。

口紅やファンデーションなどがついてしまった時は、クレンジングオイルをお持ちならティッシュにしみ込ませ、シミの上でたたくようにして汚れとクレンジングオイルを一緒に吸い取ります。

クレンジングオイルを持っていない場合はお化粧室の洗面所などで、石鹸を使ってシミの上でたたくようにし、できるだけシミの成分が落ちるようにします。

少しでも以上の応急処置をしておくと、帰ってから洗濯をした時の落ちが違います。

まとめ

やっかいな油シミがついてしまっても、状況に応じて正しく対処すれば、ほとんどの場合きれいに落ちることがわかりました。

時間が経ちすぎてどうしてもシミが落ちなかったり、デリケートな素材で自宅では洗濯ができない場合でも、最終的にはクリーニング店に頼むという選択がありますので、状況に応じて依頼してください。