キッチンのワントラップを外さないと水が流れない時の対処方法

キッチン

キッチンの排水のワントラップって、皆さんご存じですか?

ワントラップという名前にはあまり聞き覚えがないかもしれませんが、排水溝のお掃除をするときにキッチンのシンクのゴミ受けカゴを外すと、目にすることができます。

カゴを外すとその下では、お椀をひっくり返したようなものが排水口にかぶせてありますよね?

このかぶせてあるものは防水キャップという名称で、防水キャップを含めた排水口の周りにある封水の仕組みのことをワントラップといい、正しくは“椀トラップ”と書きます。

今回は、このワントラップを外さないと水が流れない時の対処法についてご紹介しますので、困った時には参考にしてみてくださいね。

キッチンのワントラップは何のためにある

水回りの排水溝には、排水管からの害虫や下水の臭いを防ぐために、何かしらの仕組みが備わっているのが一般的です。

その仕組みのことを排水トラップといい色々な種類があります。

キッチンのワントラップも排水トラップのひとつで、排水口の周りに水を張りシンクまでの間に封水を設け、お椀をひっくり返したような形の防臭キャップで、排水口を覆っています。

キッチンのシンクの排水溝にこのような仕組みを備えることによって、下水道の不潔で嫌な臭いやガス、ネズミや害虫の進入を防ぎ、キッチンを清潔な環境に保ってくれます。

ワントラップを外さないと水が流れない!考えられる原因は

上記のような目的で備わっているワントラップですが、ゴミ受けのカゴの下にあるので普段は隠れたままになっています。

そのため、構造上汚れがたまりやすくお掃除も忘れがちになりますので、気づいたときにはワントラップ付近にヘドロのようなぬめりが塊となり、水がうまく流れなくなっていることがあります。

そんな状態では、せっかくワントラップが下水の臭いを防いでくれても、ぬめりの塊が臭いの原因になりかねません。

ゴミ受けカゴとワントラップの防臭キャップをいったん外すと、お掃除がしやすくなりますので、外した防臭キャップとむき出しになった排水トラップをきれいに洗って、ぬめりを取り除きましょう。

注意点としては、防臭キャップを外し排水口が見えている状態の時に、お掃除に使う歯ブラシやシンク周りにある細かいものなどを、誤って排水口に落としてしまわないことです。

万が一落とした場合は、それ自体がつまりの原因になりますので充分気をつけましょう。

以上のことでたいていは水が滞りなく流れるようになるのですが、防臭キャップを外して洗っても水が流れにくい場合は、すでに排水管の内部にヘドロのような汚れがこびりつき、水の流れるスペースが細くなっている確率が高いです。

そこまでになってしまった汚れは、自力で落とすことができるのでしょうか?

自力で対処できる

排水管の内部に汚れが付着し、水が流れるスペースが細くなってしまった場合、再び水がスムーズに流れる状態に戻すのには、いくつか方法があります。

ゴミ受けのカゴと防臭キャップを外してから以下の方法を試してみましょう。

パイプクリーナー

まずは、排水の詰まりの解消でお馴染みのパイプクリーナーです。

仕様書にそって適量のパイプクリーナーを排水口から流し、しばらく放置してから水やお湯で洗い流します。

キッチンの排水溝の汚れは油がもとになり、それに食べ物のカスなどが付着して固まったものですので、酸性の性質を持ちます。

ですので、アルカリ性の性質を持ったパイプクリーナーが汚れを中和して、よく落としてくれます。

ぞうきんを使う

ぞうきんを使った解決方法もあります。

排水口にぞうきんを詰めて密封し、シンクに水をためた後ぞうきんを一気に引き抜き、水圧を利用して排水管の内部にこびりついた汚れを剥がします。

水の代わりにお湯を使えば、油を溶かし浮き上がらせることができるので、さらに効果的です。

また、ペットボトルを利用した解決方法もあります。

空のペットボトルを排水口が密封されるまで差し込み、力を入れてへこませて空気を送ります。

複数回この作業を行った後ペットボトルを外すと、圧力により排水管の内部の汚れが剥がれ落ちており、水が流れるようになります。

汚れが軽度の場合は、これらの方法で充分落ちるはずです。

ワイヤーブラシ

以上のことでも水の流れを妨げる汚れが解消しない場合は、少々手間がかかる作業になりますが、ワイヤーブラシを使う方法があります。

ワイヤーブラシとは、いろいろな方向に曲がった箇所のある排水管に対応できるように、数メートルほどのワイヤーの先にブラシが付いた道具です。

家庭用のワイヤーブラシは使いやすいように軽量仕様になっており、金額も1000円から3000円くらいとお求めやすく、ホームセンターで手に入ります。

使用方法は、排水口にワイヤーブラシを通し、回転させながら進めていきます。

排水管によってS字やP字、L字に曲がっており、いったんワイヤーがストップしてしまうと思いますが、進行方向の角度を変えながら更にブラシを進めましょう。

回転させながら、ある程度排水管にブラシを進めたら、適当なところでブラシを抜いて水が流れるかどうか確認してください。

ワイヤーブラシを使うと、排水管の奥の手が届かない汚れを直接ブラシで落とすことができますので、水が元通り流れるようになる確率が高くなります。

ワイヤーブラシを使う時の注意点は、築年数が経っていて排水菅が劣化している可能性がある場合は、使用を控えた方がいいということです。

また、排水管の太さに合ったワイヤーブラシを選ばないと、汚れを落とすのに効果がなかったり、排水管を痛めたりする可能性がありますので、注意が必要です。

お掃除後のワイヤーブラシは、良く洗って汚れをきれいに落としましょう。

ワイヤーブラシを試しても水の流れが解消しない場合は、汚れではないものが詰まっているか自力では解決できないほど汚れがひどくなっているケースが考えられますので、業者の手を借りて早めに解決することをお勧めします。

業者を呼ぶなら

排水溝のつまりを解消するために業者を呼ぶなら、通常の水道業者と24時間対応の業者がいます。

通常の水道業者を呼んで修理してもらった方がコストは安く済みますが、工事日の予定を合わせるのに少々時間がかかる可能性があります。

排水溝から水が全く流れない状態が続き緊急な場合は、コストがかかっても24時間対応の業者に頼むことになるかもしれませんが、中には悪質な業者もいるようですので、注意が必要です。

前もって評判を調べたり、電話であらかじめ状況を説明して、どのくらいかかるのかおよその金額を聞いたりしてから依頼した方がいいかもしれませんね。

キッチンの排水をよくするため日頃からできることはある

キッチンの排水を滞りなく流すためには、日頃から掃除をこまめにすることが大切です。

それにはゴミ受けのカゴをどけてワントラップの防臭キャップを外す機会を定期的に設け、防臭キャップも排水トラップもきれいに掃除して汚れを取り除きましょう。

キッチンのシンクの排水溝や排水管は、どうしても油で汚れた食器や鍋、フライパンなどを洗うことによって油が付着します。

そこにゴミ受けカゴで受けきれない食べ物のカスが流れて油に積み重なり、汚れが厚くなっていきます。

時々お湯を流すと汚れが剥がれ殺菌、消毒効果もありますし、汚れが軽いうちならパイプクリーナーで充分につまりの予防になりますので、ぜひご利用ください。

まとめ

キッチンは毎日使うところですので、きれいにしておきたいものです。

しかし、忙しかったり疲れから面倒になったりで、ついつい細かいところのお掃除をさぼってしまうこともあります。

そんな時は、とりあえず排水溝にお湯を流して、その日の汚れはその日のうちになるべくリセットしておきましょう。

それをやっておくだけでも、排水溝の詰まる原因を予防するには効果的です。