リクシルのキッチンの排水溝の詰まりの対処法

キッチン

キッチンに、リクシルのシステムキッチンを使っているご家庭は多いかと思います。

家の内装とトータルコーディネートできるリクシルのキッチンは、デザイン性も高く機能性にも優れていて、憧れてしまいます。

そんな素敵なリクシルのキッチンの排水溝を詰まらせることは、できたら避けたいですよね?

何か有効な手立てはあるのでしょうか?

今回はリクシルの排水溝と、詰まりの生じた時の対処法についてご説明いたしますので、参考にしてみてください。

リクシルのキッチン排水溝の特徴はある

リクシルのキッチンの排水溝には、どんな特徴があるんでしょうか?

リクシルのキッチンといえば、シンクにはハイブリッドクオーツ、人造大理石、ステンレスの3種類があり選択することができます。

シンクは奥に向かって段差を設け、排水が広がるのを抑えてシンク内を汚さずスムーズに排水口まで流れるように形状の工夫がしてある、ナイアガラフロー方式という仕様が人気となっています。

排水口には、「くるりん排水口」という仕様を選ぶこともできます。

「くるりん排水口」は、排水口のところにフィンという名称の磁石の力で回転するプロペラのようなものがあり、排水を渦巻状にしながら流すことによって汚れをつきにくくする効果があります。

流れた水は排水溝内だけではなく、その先の排水管でも渦巻状になって流れていきまずので、汚れを防ぐ効果が続きます。

また、最新の排水口の「てまなし排水口」は、リングなどの接合部のないシームレスな仕様になっており、汚れや油がたまるところがなくお手入れが簡単にできます。

これらの機能により、リクシルのキッチンは排水溝のお掃除にかかる手間をぐっと減らすことができるのです。

キッチンの排水溝の詰まる原因とは

しかしながら、いくら汚れを防止する効果が高いからといっても、まったく汚れが付かないわけではありません。

リクシルの排水溝にも定期的なお掃除が必要で、それを怠っていると排水溝がつまる原因が発生してしまいます。

キッチンの排水溝が詰まる原因は、食事の支度をした時に出る油汚れや食べ物のカスで、キッチンを使うたびにこれらの汚れは毎日排水溝を通っていき、少しずつ付着していきます。

ある程度汚れが付着すると、そこにカビが発生したり細菌が繫殖しぬめりを発生させたりして、汚れはどんどん増殖していきます。

キッチンの排水の詰まりは、これらの汚れが排水トラップ内の水の流れをせき止めたり、排水管の内側にこびりついたりすることによって起こります。

キッチンという場所の性質上、油や食べ物からの汚れを完全になくすことはできませんので、汚れが溜まらないうちにまめにお掃除することが必要です。

排水溝の詰まりを解消する方法は

万が一排水溝に詰まりが生じたときは、どうやったら解消するのでしょう?

普段のお掃除は、排水溝のフタとゴミ受けのかごを洗う程度でよいのですが、排水の流れが詰まり気味になったら、排水トラップ本体からすべてのパーツを外し、パーツごとに丁寧に洗い汚れを落とします。

シンクの下の排水管にトラップがある場合は、点検キャップを外してトラップの中に詰まっている汚れをブラシで取り除き、キャップを元に戻したあとシンクからお湯(熱湯はNG)を流して、トラップ内をきれいにします。

詰まりがひどい場合は、トラップ本体をいったん排水溝から外し、詰まりや汚れをよく洗い流した後、トラップを元に戻してバケツ等にくんだお湯(熱湯はNG)を排水口から流しましょう。

トラップキャップやトラップ本体を外すときは、汚水が流れ出る可能性がありますので、新聞紙や古いタオルなどを敷きつめ水受け用の容器も用意して、シンク下が水浸しにならないように充分気をつけてください。

また、お掃除後はキャップやトラップ本体のつなぎ目がぴったりと元通りになるように、きつく締めてください。

万が一ななめになっていたり緩んでいたりすると、排水が漏れる原因となります。

上記の手順は、リクシルのシンクの一般的な排水構を洗う時の手順になります。

リクシルのシンクの排水構は、シンクのタイプによって種類が色々ありますので、念のため、取説かネットで見られるお客様サポートの、排水溝の流れが悪い時の洗い方が図説で説明されているページを参考にしながら、手順に沿って洗うことをお勧めします。

こちらには各パーツが図入りで乗っていますので、洗う前に外す時も洗った後に戻す時も、わかりやすいかと思います。

排水溝の詰まりを予防するには

排水溝の詰まりは、日ごろのお手入れで簡単に予防することができます。

汚れの原因は油分とそれに付着する食品のカスからできていますので、時々お湯を流すだけでも汚れを剥がす効果があります。(熱湯は排水管を痛めますのでNGです)

また、油汚れのひどいものを洗う時には、キッチンペーパーなどであらかじめ汚れをふき取ってから洗うと、流れていく油分を減らすことができ、汚れの防止になるだけでなくエコにも繋がります。

およそ1か月おきにセスキ炭酸ソーダやパイプクリーナーを使って排水溝や排水管の汚れをはがすのも効果が高く、臭いや菌の繁殖の予防にも繋がります。

排水溝内はどうしても水分が残り湿気が多くなりますので、汚れや細菌、カビが発生じやすい環境になっていますが、まめに上記のような対策をすることによって排水溝を清潔に保ち、排水の詰まりを予防することが可能です。

それでもだめなら・・・

何をやっても排水構の詰まりが解消しない場合は、何かがあやまって排水管の奥に流れてしまい、汚れと共に水の流れをせき止めている可能性があります。

そのような場合は、業者さんを呼んで詰まりの原因を取り払ってもらった方がいいかもしれません。

素人が詰まっているものを無理に取ろうとして、どんどん奥に押し込んでしまったら、取り出すのが更に大変になってしまいます。

業者さんでしたら、詰まりを取り除くための適切な道具もいろいろ持っていますので、そこはプロの力にお任せしましょう。

まとめ

リクシルのシステムキッチンの排水溝には、汚れを防ぐためのいろいろな工夫がされていることが分かりました。

けれども、それだけでは食事の支度や片付けで毎日頻繁に使うシンクの汚れを、完全に防ぐことはできません。

汚れが浅いうちにゴミ受けカゴを洗ったり、お湯やセスキ炭酸ソーダ、パイプクリーナーなどを定期的に流したりすることによって、汚れがひどくならないように対策しましょう。

それでも排水の詰まりが生じてしまった時は、まずは排水トラップのカップを外し、パーツをひとつひとつきれいに掃除してみてください。

以上のことでも排水の詰まりが解消されない時は、業者さんを呼んでプロの力で解決してもらいましょう。