メラミンスポンジでトイレの便器お掃除に使用できる徹底解明

掃除

トイレのお掃除のとき、便器にこびりついた尿石や落ちにくい黒ズミを落とすのには、強力な洗剤を使うのが当たり前になってしまっていますよね。

実は、洗剤を使わずにトイレの汚れを落とすことも可能なんですが、ご存じでしたか?

“激落ちくん”の名称で知られるメラミンスポンジを常備しているご家庭も多いと思いますが、トイレの掃除にも使えるということはあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、トイレ掃除もできるメラミンスポンジについて、徹底解明していきましょう。

メラミンスポンジとは 使えるものは

最近ご家庭でもすっかりおなじみになった“激落ちくん”ですが、正式名をメラミンスポンジといいます。

子供がマジックで落書きしてしまったテーブルや、湯飲みについてしまった洗うだけでは落ちない茶渋などが、水を含ませたメラミンスポンジでこするだけで、新品のようにきれいに落ちてしまいます。

メラミンスポンジが普及した今ではこれらは当たり前の光景ですが、発売当時、まるで魔法でも目にしたかのように感動した覚えは、きっと皆さんにもあるのではないでしょうか。

メラミンスポンジは、メラミン樹脂を発砲して固めたもので、大変固く表面は細かい泡状の空洞になっています。

水と一緒にこすることによって、汚れを削りながらこの空洞の中にからめとっていきます。

メラミンスポンジは粒子が細かいため、こすっていても布でふいているのと同じような感覚になりますが、原理としては研磨剤ややすりなどで汚れを削るのと同じです。

使用できるのは、ガラスや食器類、鏡、タイルなど、硬質なものに限ります。

しかし、硬質でも表面に光沢の加工やコーティングを施してあるもの、塗装されたり柄が入ったりしているものなど、表面にはがれる恐れがあるものが塗られている場合には使用できませんので、注意が必要です。

メラミンスポンジはトイレの便器に使用してもいいの

それでは、メラミンスポンジは、トイレの便器には使用しても大丈夫でしょうか?

トイレの便器の材質は、多くは陶器からできています。

陶器は硬質で頑丈ですので、材質的にはメラミンスポンジの使用は可能と言えます。

しかし、内側に抗菌や防臭のコーティングのされている場合には、使用することができませんので、ご注意ください。

せっかく表面に施した加工を、メラミンスポンジが汚れもろとも削り取ってしまうことになるからです。

また、最近では便器の内側以外にも、特殊なガラスやセラミックを焼き付けた加工を表面に施したり、便器の素材を特殊なガラスにしてあったりする便器もでています。

ですので、ご自宅の便器の材質を充分に確認し、念のためメーカーに、メラミンスポンジを使えるかどうかを確認してから使用することをお勧めします。

便器への使用が可能な場合でも、便座はプラスティックでできていますので、メラミンスポンジはご使用になれません。ご注意ください。

メラミンスポンジを使ったトイレの便器掃除

メラミンスポンジを使用した便器のお掃除方法は、他のものの汚れを落とすときと同じです。

水を含ませ、気になる汚れをピンポイントで直接こすって落とします。

この時、メラミンスポンジはお掃除がしやすい適当な大きさに切ってご使用ください。

また、便器に直接触れてこすりますので、お掃除の際にはゴム手袋を着用してください。

便器の掃除に使用したメラミンスポンジは、他の場所では使わないようにご注意ください。

メラミンスポンジをトイレ掃除で利用した威力とは

実際にメラミンスポンジを使用した時の威力はどれほどのものでしょうか?

トイレの便器の汚れは、主にこびりついて硬くなった尿石と、便器の中の水の縁にできる黒い跡、便器の返しの裏の黒ズミです。

便器用のブラシと洗剤だけでは落ちなかったこれらの汚れも、水を吸わせたメラミンスポンジで軽く念入りにこすることによって、きれいに落とすことができます。

また、便器の返しの裏のブラシでは届きにくい形状にも、メラミンスポンジならフィットしますので、洗い残しなく汚れをきれいに落とすことが可能です。

尿石の厚みがひどい場合は、先にまず酸性洗剤で尿石を浮かせ落としてから、メラミンスポンジを仕上げとしてかけた方が、確実にきれいになります。

メラミンスポンジを使用する場合のポイントとは

上記にも書きましたが、メラミンスポンジには、使える素材と使えない素材があります。

無理に使えない素材に使用すると、汚れを落とすどころか、スポンジをかけたところを傷つけてしまったり、せっかくのコーティングをはがし加工の効果を損なわせてしまったりする危険性があります。

使用の際にはしっかりと材質を調べ、間違った使い方をしないように気を付けましょう。

汚れがなかなか落ちない時は、軽めにこすっていたスポンジに少しずつ力を入れてこすってみてください。

最初から力を入れてしまうと、スポンジがボロボロに崩れてしまうので、気を付けてくださいね。

使用して小さくなったメラミンスポンジは、トイレに流したりせず、きちんとごみとして処分しましょう。

まとめ

とても便利で、エコにもなるメラミンスポンジですが、使い方を誤ると、せっかくスポンジをかけたところをダメにしてしまう可能性がありますので、使用の際にはしっかりと材質を確認してから使うようにしましょう。

使用可能な便器でも、汚れを削って落とすというメラミンスポンジの性質上、使用した際には便器の表面は多少でもダメージを受けることになります。

便器は簡単には取り換えの効かないものですので、汚れがひどくならないようお掃除をまめにして、メラミンスポンジはどうしても落ちない時の奥の手にしておいた方が無難かもしれませんね。