お風呂のゴムパッキンの黄ばみ落とす方法とは!ぴかぴかのお風呂が気持ちいい

掃除

一日の疲れを癒してくれるバスタイムって、大切なひとときですよね。

入浴剤入りのお湯にゆったりのんびりつかっていると、気分がリフレッシュされて心も体もほぐれていきます。

そんなくつろぎのバスタイム中に、ふとお風呂のゴムパッキンの黄ばみが目に入り、気分が台無しになってしまった経験はありませんか?

今回は、お風呂のゴムパッキンの黄ばみを落とす方法をご紹介していきますので、黄ばみを撃退して、ぜひぴかぴかの気持ちいいお風呂を取り戻してください。

お風呂のゴムパッキンは洗えるの

ところで、お風呂のゴムパッキンって洗えるんでしょうか?

お風呂のゴムパッキンにはコーキングという名前があり、水まわりで使われるのはシリコンコーキングで、熱にも水にも強い素材です。

また、耐酸、耐アルカリの性質も持っていますので、酸性、アルカリ性の洗剤や漂白剤を使いながら洗うことが可能ということになります。

注意点としては、ゴムパッキンは柔らかい材質ですので、硬いたわしや研磨剤入りの洗剤で強くこすりすぎると、表面に傷がついたり削れたりしてしまうことがあげられます。

このような表面の損傷は、汚れが付きやすく劣化を進める原因となりますので、洗う時には、洗剤で浮かせた黄ばみを優しくこすって取り除くようにして下さい。

お風呂のゴムパッキンは何を使って洗う 頻度は?

お風呂のゴムパッキンって、なかなか単独では洗いませんよね?

お風呂の浴槽や壁を洗う時に、あまり意識せずついでに洗ってしまっていることの方が多いのではないでしょうか。

けれども、ゴムパッキンをしてあるところって、壁と浴槽の隙間とか、壁と床の隙間のような直角な場所が多く、実は汚れや水分が残りやすいんです。

このような洗いにくい場所は、スポンジやタワシよりも古い歯ブラシを使って軽くこすった方が、汚れに歯ブラシの毛がダイレクトに届ききれいに落ちます。

また、お風呂を洗う頻度は、使うたびに毎回洗うのが理想だそうです。

しかし、現実にはそんなに頻繁に洗うのは難しいですよね。

それほど頻繁に洗わなくてもゴムパッキンの黄ばみ汚れを予防する方法って、何かあるのでしょうか?

お風呂のゴムパッキンの汚れを予防する方法は

お風呂のゴムパッキンの汚れは、意外と簡単に予防することができます。

入浴後に、お風呂場全体的に熱いシャワーをかけた後、冷水で同じように流すだけで、皮脂やせっけんカスなどの汚れが流れ、汚れの防止になるんです。

この時、ゴムパッキンにも意識的にシャワーを行き来させて、お湯と水を交互に念入りにかければ、たまっていた汚れが流され汚れを防止するのに効果があります。

シャワーした後は、タオル等で水分をふき取り換気扇を回してお風呂場の湿気を追い出すと、さらに効果的です。

なぜお風呂のゴムパッキンは黄ばむの

ところで、お風呂のゴムパッキンが黄ばむのはなぜでしょうか?

あの黄ばみの原因は、水道水に含まれるカルシウムやお風呂で使用する石鹸、シャンプーなどに含まれる成分が汚れとして留まり、固まったものです。

最初は白っぽい色をしているのですが、汚れが積み重なっていくに従ってどんどん硬くなり、変色して黄色になってしまうのです。

こうなってしまうともう、一般的なお風呂の中性洗剤で洗っただけでは簡単には落ちなくなってしまいます。

また、お風呂のゴムパッキンは、汚れだけでなく劣化することによって黄ばむ場合もあります。

この場合ゴムパッキン自体が変色して黄ばんでいるので、洗剤等で黄ばみを落とすことはできません。

ゴムパッキンの寿命は10年ほどと言われていますので、劣化による黄ばみやひび割れが見られるようになったら、ゴムパッキンの替え時かもしれません。

黄ばみをきれいに落とす方法は

頑固になってしまったゴムパッキンの黄ばみをきれいに落とすのは、一見難しそうに見えますが意外と簡単です。

効果的なのは“クエン酸”で、ドラッグストアやスーパー、100均など、どこでも手軽に手に入ります。

石鹸カスや水垢による黄ばみはアルカリ性の性質を持っていますので、酸性のクエン酸によって中和され、きれいに落とすことができるのです。

手順としましては、まずスプレー容器に、200mlの水に対して小さじ1杯のクエン酸を溶かしたクエン酸水を作り、ゴムパッキンの黄ばみにスプレーします。

スプレーしてからゴムパッキンをサランラップでおおうと、クエン酸水が蒸発するのを防ぎ、黄ばみにクエン酸水が密着するのでさらに効果的です。

サランラップで覆ったまましばらく放置し、クエン酸で黄ばみが浮き上がったところを、古い歯ブラシで軽くこすってシャワーで流します。

これだけで、こびりついていた黄ばみが簡単に落ちていきます。

クエン酸は人体に対して安全な物質ですので、安心して使うことができるのがメリットですが、注意点もあります。

浴槽や壁などに大理石が使われている場合、性質がアルカリ性となりますので酸性のクエン酸を使用すると劣化の原因となります。

大理石には、天然大理石、人工大理石、人造大理石があり、多少成分が違いますがどれもアルカリ性の性質を持ちますので、クエン酸は使用しないでください。

また、頑固な黄ばみは激落ちくんなどのメラミンスポンジや目の細かい紙やすりなどで落とすことも可能ですが、強くこするとゴムパッキンに傷をつけてしまい、かえって汚れが付きやすくなりますので、ご注意ください。

どうしても黄ばみが落ちない時や、黄ばみの上に黒カビが発生しているときは、酸素系の漂白剤や塩素系の漂白剤の出番です。

酸性のクエン酸で落ちないようでしたら、性質の違うアルカリ性の漂白剤を使えば落ちる可能性がありますので、試してみてください。

この時、クエン酸と漂白剤が混ざると有毒ガスを発生して大変危険ですので、絶対に一緒に使わないよう、ご注意ください。

まとめ

お風呂場は水やせっけんを使う場所ですので、どうしてもカルシウムやせっけんカス、皮脂の汚れがたまりやすくなってしまいます。

毎日掃除をするのは大変ですので、入浴後はお風呂場全体にお湯と水を交互にシャワーして汚れを流し、湿気対策をして、黄ばみの発生を防ぎましょう。

それでも黄ばみが発生した時には、クエン酸や漂白剤の力をかりて黄ばみを落とし、ぴかぴかの気持ちいいお風呂をキープしてくださいね。