オキシクリーンで洗濯槽を洗浄する パナソニック洗濯機の黒カビ予防と対策

洗濯

お洗濯の時には必ず使用する洗濯機ですが、洗濯機の洗濯槽のお掃除って、どうされていますか?

洗濯機のふたを開けても洗濯槽の汚れって裏側までよく見えませんよね。

どのくらい汚れているのかいまいち分かりづらいですが、使用頻度が高いということは間違いなく、それだけ汚れもたまっているということです。

今回はパナソニックの洗濯機の洗濯槽をオキシクリーンで洗浄する ことについてまとめてみましたので、お掃除の際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

洗濯槽洗浄を効果的にするには

洗濯槽って、よく見ると穴が開いたり凹凸があったりで、かなり汚れがたまりやすい形状をしていることが分かります。

その洗濯槽の裏側なんてなかなか目にする機会がありませんが、洗濯物から落ちた皮脂汚れや水垢、せっけんカスなどが付着してたまった上に黒カビがびっしり生えていて、かなり衝撃的なんですよ。

洗濯機って、使用後にふたを閉めると密封されて中の湿度は上がりますので、カビが発生するには好条件がそろいすぎているんですよね。

洗濯機で洗った後の洗濯物を干すときに、黒い膜のような小さなカスがついていることがありますが、そのカスが見られた時にはすでに、洗濯槽には驚くほど汚れが付着していると考えて間違いないでしょう。

こうなったらもう、洗剤でつけおき洗いをして黒カビ付きの汚れをはがし、洗浄するしかありません。

黒カビは酸性の性質を持っていますので、アルカリ性の洗剤の出番です。

オキシクリーンってどんな洗剤なの

洗濯槽の材質にはプラスチック製とステンレス製がありますが、そのどちらにも使えるのがアルカリ性の洗剤です。

塩素系漂白剤も酵素系漂白剤もアルカリ性の性質を持ちますので、洗濯槽の洗浄にはどちらも使うことができますが、自然素材で安心なのは酸素系漂白剤です。

酸素系漂白剤といえば、皆様お馴染みのオキシクリーンですね。

オキシクリーンは洗濯槽用のクリーナーも発売されていて、ドラム式を始め、縦型、二槽式のどのタイプにも対応できる優れものです。

塩素系漂白剤と比較すると洗浄に時間はかかりますが、長時間つけ置きしていてもあのつんとした臭いはしませんので、洗濯後の洗濯機を長時間使えなくても困らない時間帯に、つけ置き洗いをするとよいでしょう。

カビも汚れも、洗濯槽の嫌な臭いも強力に落としてくれますし、除菌効果もありますので、洗浄後の洗濯槽が清潔に仕上がります。

オキシクリーンでパナソニックの洗濯槽は洗浄できるの

パナソニックの洗濯機といえば、他のメーカーに比べると省エネタイプになっているのが特徴です。

ドラム式、縦型全自動式、二槽式の三種類があり、洗濯槽はステンレス製とステンレス・プラスチック兼用、プラスチック製になっています。

ドラム式、縦型全自動式はそれぞれ、洗濯槽に防カビ加工をしてあったり、湿気がたまりにくい機能や、洗濯槽の自動お手入れ機能を搭載したりしている商品が発売されています。

パナソニックは自社製品向けに洗濯槽クリーナーも販売しており、塩素系で防さび対応となっていて、ドラム式専用、縦型専用、全メーカー共通の三種類があります。

オキシクリーンは塩素系に比べると効き目が穏やかですが、洗濯槽専用のクリーナーが販売されていますので、こちらを使えばパナソニックの洗濯機の洗濯槽にも問題なく使用できるかと思います。

オキシクリーン洗濯槽クリーナーは粉末タイプになっておりますので、洗浄の際にはお湯を使った方がよく溶けますし、洗浄効果もあがります。

各洗濯機によって、使用可能なお湯の温度が違いますので、ご使用になる洗濯機のお湯の温度の上限を確認してから、適温のお湯で洗浄してください。

オキシクリーンで洗浄する時の注意点は?

オキシクリーンは、40℃から60℃のお湯で使用した時に洗浄効果がアップしますので、上記にも書きましたが、ご使用になる洗濯機の使用できるお湯の温度の上限を守りながら可能な限り高い温度で使用してください。

また、長時間つけ置きした方がよく落ちますので、6時間ほど漬け込みましょう。

その間、ずっとつけ置きっぱなしにするのではなく、洗濯槽を回したりつけ置きしたりを繰り返した方が汚れがよりよく落ちます。

つけ置き洗浄が終わったら、脱水前にネットで汚れを取り除き、二回続けて普通にコース洗いを繰り返します。

洗浄後は、洗濯槽にはがれた汚れが残っていたら取り除き、ふたを開けて洗濯槽をよく乾燥させてください。

洗濯槽の黒カビ 予防と対策

洗濯槽の黒カビを予防するには、洗濯機を使用した後はふたを開けっぱなしにして乾燥させ、湿気がたまらないようにしましょう。

洗濯するものを直に洗濯槽に入れておくと、洗濯ものの汚れや臭いや着ていた時の熱などが洗濯槽に移り、洗濯槽が汚れたり湿気がこもったりする原因となりますので、洗うまでの間は洗濯かごに入れておくようにしましょう。

無駄に大量の洗剤や柔軟剤を使うと、使用しきれなかった分が洗濯槽に残り汚れの原因となりますので、洗濯するものに対して適切な量を使うようにしましょう。

また、湿気を完全に取り除くためには、ときどき洗濯機の乾燥機能を使って洗濯槽を乾かすことをお勧めします。

以上のことに気をつけながら、1か月に1回くらいのペースで洗濯槽の洗浄を行えば、洗濯槽はきれいな状態にキープできるのではないかと思います。

オキシクリーンでは完全に汚れが落ちきれない場合は、更に強い塩素系の漂白剤での洗浄が効果的ですので、洗濯槽用のカビキラーやパナソニックなどの家電メーカーが出している洗濯槽用クリーナーなどを試してみましょう。

まとめ

洗濯槽の裏側は洗濯用洗剤の残りかすや皮脂汚れ等がつきやすく、構造的にも湿気がたまりやすいので、どうしても黒カビの温床に適した環境となってしまいます。

黒カビの発生を抑えるには、できる限り除湿をし定期的に洗濯槽の洗浄をしましょう。

しかし、上記のことを続けてみても、洗濯ものを干すときに黒いカスがついていたり臭いが気になるようでしたら、落ちきれない汚れと黒カビが頑固に洗濯槽の裏にこびりついてしまっている可能性があります。

そんな時は、一度業者に頼んで洗濯槽を取り外してもらい徹底的に洗浄してもらった方がいいかもしれませんね。

洗濯槽の黒カビは、洗濯時に洗濯ものに付着するとアレルギーの原因にもなりますので、可能な限りきれいに取り除き、除菌・抗菌を心がけましょう。

最近の洗濯機は防カビや除湿機能に優れたものも出ていますので、洗濯機の買い替え時にはお手入れが楽になるように、このような機能に注目して新しい洗濯機を選ぶのも一つの手だと思います。