アルミやかんの頑固な茶渋の取り方【生活の知恵】

キッチン

アルミやかんって、軽くて使いやすく火にかけるとお湯もすぐに沸くので、そのままお茶を作るのにも重宝しますよね。

キッチンに常備しているご家庭は多いのではないでしょうか。

けれども、使い勝手がよく使用頻度が高いせいか、すぐに茶渋がたまり、気がついた時には簡単には落ちなくなってしまったという経験はありませんか?

アルミやかんの頑固な茶渋って、いったいどうやって取ればいいんでしょうか。

今回は、簡単で安全なアルミやかんの茶渋の取り方についてご紹介させていただきます。

茶渋はなぜできるの 茶渋のつきやすい液体は

まずは、茶渋のことについて知っておきましょう。

茶渋っていったいなぜできるのでしょうか?

茶渋の原因は“ステイン”という成分で、カテキン、ポリフェノールなどの物質が、水道水に含まれている金属イオンに反応してできたものです。

ステインは水には溶けにくい性質を持っていますので、使っているうちにアルミやかんの表面に残り、それが積み重なって頑固な茶渋になってしまうのです。

茶渋はお茶だけでなく、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ココア、ワインなどの飲み物でも発生します。

これらの飲み物にもステインを生み出すカテキン、ポリフェノールが含まれ、どれも日常的によく飲まれている飲み物ですので、マグカップや茶わん、グラスにも、茶渋は当たり前のように発生し、対応を迫られてしまいます。

アルミやかんの茶渋は落とせるの

アルミやかんにいったんついてしまった茶渋は、台所洗剤やスポンジなどでは簡単に落ちません。

けれども落ちないからと言って、安易にキッチンハイターや金属用のタワシを使用するのは、大丈夫なのでしょうか?

ためらいが生じた方は、正解です。

アルミ製の製品にアルカリ性の漂白剤や洗剤を使うのは危険です。

強いアルカリ性の漂白剤や洗剤は、アルミをとかし水素を発生させますし、容器を密封させると爆発をし大変危険ですので、使用しないよう注意しましょう。

最近よく汚れ落としに活用されている重曹やセスキ炭酸ソーダも、漂白剤よりは弱いですが弱アルカリ性の性質ですので、アルミやかんの表面が黒ずんで劣化してしまうため使用できません。

また、茶渋が落ちないからといってアルミやかんに金属製のタワシを使用すると、タワシが強すぎて表面に傷がつき、そこから腐食が始まってやかんを痛めてしまいますので、お勧めできません。

それでは、何を使えばアルミやかんの茶渋は落とせるのでしょうか?

アルミやかんの茶渋を落とすときに必要なものは

アルミやかんの茶渋には、クエン酸が効果的です。

クエン酸がない場合には、かんきつ類・リンゴ等の果物、お酢などでも代用ができます。

ただ、アルミという金属は、酸性にもアルカリ性にも弱い性質を持つ両性金属ですので、上記の酸性のもので茶渋を落とす時にも、注意が必要です。

実際に洗う時の方法は、下記のとおりです。

アルミやかんの洗い方

それでは、実際にクエン酸を使ってアルミやかんの茶渋を洗ってみましょう。

まず、やかんに多めに水を入れ、クエン酸を入れます。この時の目安は、1ℓ水に対して大さじ2~3杯ほどのようです。

やかんを火にかけて沸騰させ、しばらく放置させます。

やかんの中の湯を捨ててから、スポンジでこすって浮いた茶渋を落とします。

クエン酸を使わず、かんきつ類の皮や切ったリンゴで、直に茶渋をこすっても効果があるようです。

茶渋が落ちた後は水ですすぎ、ふきん等でふいてからよく乾かし水気を完全に取りましょう。

水分が残ったままにしていると汚れの原因になりますので、念入りに乾かしてください。

また、クエン酸を使用した時、濃度が高すぎたりクエン酸につけておく時間が長すぎたりすると、酸にもアルカリにも弱いアルミの両性金属の性質から、アルミやかんの劣化の原因にもなりますので、あまり時間を置かないように気をつけましょう。

アルミやかんのお手入れ方法

上にも書きましたが、アルミやかんは、中に水分が残ったままになったり中身が入ったまま放置したりすると、水とアルミが反応して黒ズミの原因になります。

使用した後はきれいに洗い、水分をよくふき取って充分に乾燥させましょう。

黒ズミを防ぐためには、米ぬかと水を入れたアルミやかんを火にかけ、10分~15分煮沸させてください。

表面がコーティングされ、汚れが付きにくくなりますので、おすすめです。

まとめ

アルミは、熱伝導率が高く軽いので使いやすくて重宝しますが、お手入れに手がかかるのが少々難点です。

アルミの表面にコーティングがされているアルマイト製の製品の方が、耐久性が高くなっていますし、汚れもつきにくく腐食にも強いので、おすすめです。

アルミやかんに茶渋がついてしまっても、茶渋自体には人体に害のある成分は含まれていないようです。

けれども、濃くなった茶渋を放置していると菌の温床やカビの原因となり、衛生的にはよくありません。

茶渋を防ぐには、アルミやかんでお茶などを作った後は放置せずにすぐ洗い、水気をきちんと切って保管しておくことが大切です。

それでも茶渋ができてしまった時は、スポンジでこすって落ちる汚れの軽いうちに早めに落としましょう。