洗面台が水垢で石灰化?洗面台の水垢をピカピカにする掃除方法は

掃除

洗面台を使ってそのままにしていたりすると、すぐに水垢汚れになってしまいますよね。

そんな汚れをしばらく放置してしまうと、硬く固まってしまったその汚れが石灰化し、なか

なか落ちにくくなるのはご存知でしょうか?

水垢の石灰化を防ぐ掃除方法や、石灰化してしまった時の対処方法を調べてみました。

いつもピカピカの洗面台を目指してお掃除を頑張りましょう。

洗面台の水垢はどうして石灰化するの

洗面台の蛇口部分などについた水垢はどうして石灰化してしまうのだろう?と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

水道水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれているのですが、その水道水が蒸発した時にミネラルなどが残ってしまい、白い汚れの水垢を作り出してしまいます。

その水垢を放置してしまうと汚れが層のように重なってしまい、水垢が硬く塊になって石灰化してしまうというわけです。

こうなってしまうとお掃除も楽ではないのでなるべく石灰化しないうちにお掃除した方がいいのですが、水垢が石灰化してしまった、どうにかしたい!という方に、お掃除の方法をご紹介します。

石灰化した洗面台の水垢掃除に用意するものは

水垢はアルカリ性なので酸性の『クエン酸』がよく効きます

固まってしまった頑固な水垢には、まずクエン酸で水垢を柔らかくし、溶かし落とすという方法がもっとも簡単で効果的です。

石灰化した水垢のお掃除に必要な、クエン酢水の材料と作り方をご紹介します。

とても簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

クエン酸水の材料

●スプレーボトル

●クエン酸

●水

クエン酸水の作り方

スプレーボトルにクエン酸小さじ1と水200mlを入れてよく混ぜ、溶ければクエン酸水の完成です。

クエン酸水は自然由来の安全な成分で、お風呂の蛇口や電気ケトルなど水垢がついたものなら何にでも使えます。

また消臭効果もあることから、トイレやペットのトイレ、キッチンのシンクにも使えるので、ひとつ作っておくといろいろ使えて便利です。

石灰化した洗面台のお掃除に必要なもの

●作ったクエン酸水

●ラップ

●キッチンペーパー

全て100円ショップやスーパー、ホームセンター、ネットショップなどでお手軽に入手できますので、お買い物の際に一緒に購入してみてくださいね。

洗面台の水垢が石灰化掃除方法は

洗面台の石灰化した水垢の掃除方法をご紹介いたします。

作ったクエン酸水を水垢のある箇所にたっぷり吹きかけ、そこにキッチンペーパーを貼り付け、またクエン酸水吹きかけます。

蒸発しないようにするため、上からラップで覆うと良いでしょう。

クエン酸水をたっぷり浸す事がコツです。

1時間ほど放置して水垢が浮いて柔らかくなってきたら、貼っていたキッチンペーパーでこすり落とします。

残ったクエン酸水をかけながらスポンジでこするとよく落ちます。

汚れが落ちたら水で洗い流し、雑巾やタオルで拭きあげて完成です。水滴は残さないようにしっかり拭く事が大切です。

一度で水垢汚れが落ちなくても、諦めずに何度かこの掃除方法を試してみてください。

繰り返すことで、石灰化した頑固な水垢汚れが剥がれ落ちるようにキレイになっていってくれるはずです。

それでもどうしても落ちない強力な石灰化した水垢は、クエン酸水を吹きかけて放置した後に、プラスチックのヘラやカードなどで削り落とすしかありません。

この方法は洗面台を傷つけてしまう可能性もあるため、力加減に注意してください。どうしても落ちなかった時の最終手段にしておきましょう。

石灰化する前にキレイにしましょ掃除頻度はどのくらい

洗面台は洗顔や歯磨き、手洗い・うがいと毎日使うので、どうしても汚れがたまってしまいますね。

汚れが石灰化しないためには、やはりこまめな掃除をするのがいちばん!

では理想的な掃除頻度はどれくらいなのでしょう?

その答えは、『毎日ちょこちょこ掃除』です。

ちょこちょこ掃除とは全部をやるのではなく、ピンポイントに、少しずつちょこちょこと掃除をすること。

例えば一日の終わりに、歯を磨くついでにちょこっと洗面台の掃除をしてしまいます。

洗面台の蛇口やボウルをスポンジでサッと磨いて、最後に水滴を拭き取って完了。これだけでキレイな洗面台をキープできます。

水滴が蛇口や洗面ボウルに残っているとすぐに水垢になってしまうので、使うたびに水滴を拭き取るのが理想です。

毎日やれば汚れが付くこともなく、洗面台がいつも清潔でキレイを保つ事ができますね。

でもそんなの無理!掃除は休日にまとめてやりたいという方もいるでしょう。

そんな方は週に一度のお掃除が目安です。

1週間に一度、洗面台の周りを丁寧にお掃除すると水垢の石灰化を防ぐ事ができますので、週に一度は頑張って掃除をするといいですね。

洗面台の水垢石灰化の注意点

クエン酸を使う時は『塩素系の漂白剤』と一緒に使用するのは禁止です!

酸性のクエン酸と塩素系漂白剤とが混ざると有毒ガスが発生し、大変危険ですので注意してください。

また、クエン酸は鉄に使うと錆びてしまったり、コンクリートに使うと劣化させてしまいます。

お掃除の前に酸性のクエン酸が使える場所かどうかチェックしてからお使いください。

心配な方は目立たない場所に吹きかけてみて放置し、様子を見て使うことをお勧めします。

まとめ

洗面台の汚れを放置するとますます面倒になって後回しになってしまいます。

日々少しずつ掃除をする習慣をつけると、汚れが石灰化することもなく、あとで大変な掃除をしなくても済みますね。

もし石灰化してしまった場合は、クエン酸でのお掃除をためしてみてください。

ピカピカの洗面台を取り戻して気持ちよく使いたいですね!