トイレから下水の臭い パイプユニッシュが使える?正しい使い方と対処方法!

掃除

トイレから突然下水の臭いがしてきたら、誰しも驚いてしまうことでしょう。

洗面所やお風呂場からなら下水の臭いがすることって時々ありますが、トイレから下水の臭いがしてくると、なんとなく緊急事態のような気がしてしまいますよね。

トイレからの下水の臭いは、どうやって解消すればいいのでしょうか?

今回はトイレから下水の臭いがした時の原因と対処方法パイプユニッシュはトイレの下水の臭いに使えるのかについて、詳しくご説明させていただきますので、ぜひ参考にしてください。

トイレから下水の臭いがする原因は?

トイレから下水の臭いがする原因は、いったい何でしょうか?

洗面所やお風呂場から下水の臭いがすることはたまにありますが、トイレからの下水の臭いはそう頻繁ではありませんよね。

トイレにも他の水回りの排水構と同じように封水が存在します。

トイレの封水は外からではわかりにくいですが、便器の奥が迷路のような複雑な構造になっていて、そこに水を張っておくことで下水からの臭いや虫などの進入を防いでくれます。

その封水の量が何かしらの原因で減ってしまいストッパーの役目を果たさなくなると、下水からの臭いの進入を許してしまい、便器を通して下水の臭いがしてしまうのです。

トイレの封水が解けてしまうのには、色々な原因が考えられます。

まず、流したトイレットペーパーやお掃除シートなどが、便器の奥に引っかかって水を吸い上げたことにより、毛細管現象を起こしてしまうことが原因として挙げられます。

他にも、長期間留守にしていたためトイレの水を流す機会がなく、封水が蒸発して目減りしたことや、トイレの排水管や便器、トイレタンクが破損し水が漏れたことにより流す水が充分ではなかったことも、原因となります。

また、節水できるトイレの場合、流れる水が少なく設定してあるので詰まってしまうことがたびたびあり、封水が解かれる原因になります。

近くで水道工事をしていることやお天気による気圧の変化も、トイレの水を流すときの水圧に影響し封水を解く原因となることがあります。

トイレの排水管の水圧に影響する原因にはもうひとつ、アパートやマンションなどのトイレで一度に大量の水を流すことで封水の水が引っ張られてしまうことも挙げられ、この現象のことは誘導サイホン作用といいます。

この現象が頻繁に起こる場合、解決には排水管を太いサイズに交換したり、通気管を設置したりするなどの工事が必要となります。

パイプユニッシュはどんなところに使う商品?


下水の臭いを解決するのにお馴染みのものといえば、パイプユニッシュですね。

ドロっとした液体が排水管や排水トラップの返しの部分によく留まり、詰まりの原因となる髪の毛や汚れを溶かして、封水が正常に機能するようにしてくれます。

果たしてトイレからの下水の臭いにも、パイプユニッシュは使えるんでしょうか?

実は、パイプユニッシュは、トイレからの下水の臭いを解決することはできません。

トイレからの下水の臭いの原因になる封水のトラブルは、トイレに流したトイレットペーパーやお掃除シートなどが詰まったために起こることが多いです。

しかし、これらの詰まりはパイプユニッシュでは溶けないのです。

パイプユニッシュが使えるのは、詰まりの原因がパイプユニッシュで溶ける、キッチンや洗面所、お風呂の排水溝に限ります。

パイプユニッシュのラベルにも、トイレへの使用は効果がないことが明記されていますのでご注意ください。

パイプユニッシュとは下水の臭いを解消できる?

では、パイプユニッシュは下水の臭い自体を解消できるのでしょうか?

下水の臭いは、封水が何かの理由で解けてしまい下水道からの臭いをシャットアウトできなくなったことが原因です。

ですので、水を流したり詰まりをなくしたりすることで封水が元に戻れば、下水臭はしなくなります。

パイプユニッシュでは下水からの臭いそのものを解消できるわけではありませんが、封水が解けてしまった原因となる髪の毛や汚れの詰まりを溶かしてなくし、封水を元通り機能させることはできます。

トイレが下水臭くなったときに確認すること

トイレが下水臭くなった時には、便器の中の水がいつもと比べて少量だったり無くなったりしていないか、確認をしてください。

水が少量だったり無くなったりしている場合、どんな理由でそうなってしまったかは外見からはわからないでが、便器の奥に何かしらの詰まりができ、それが原因で封水が解けてしまった可能性があります。

また、便器の中の水が減ってしまう原因には、便器やトイレタンク、排水管の破損、故障なども考えられますので、トイレの床に水漏れが発生していないかも確認しましょう。

トイレの下水臭を解消する方法

トイレからの下水の臭いをなくすには、まずは複数回しっかりと水を流してみることから始めます。

トイレットペーパーやお掃除シートがうまく流れず詰まった原因には、一回一回しっかりと洗浄レバーを引かなかったことにより、流すときの水が充分でなかった可能性があるからです。

複数回しっかり流してみても便器の中の水の状態が変わらない時は、ラバーカップを試しましょう。

ラバーカップを使えば、水圧によりトイレの排水の奥の詰まりを勢いよく除去することができます。

詰まりの度合いにもよりますが、何回かラバーカップを押し付けたり引いたりを繰り返しているうちに、ほとんどの詰まりが解けて封水が戻り、下水の臭いはしなくなります。

トイレを使ったときに、水がスムーズに流れなかったり便器の中に水がなかなかたまらなかったりするのに気づいたら、排水構の奥に詰まりができ始めている可能性を考え、完全に詰まる前にラバーカップで詰まりの芽を摘んでおいた方がよいでしょう。

詰まりがひどすぎたり、排水管のかなり奥の方が詰まっていたりして自力では対応できない時や、封水の解けた原因がトイレの故障、破損だったりする時は、専門の業者さんを呼んで詰まりの除去やトイレの修理を依頼しましょう。

まとめ

トイレは、お風呂や洗面所などとは流す内容が違いますので、他のどこからの下水臭よりもひどい臭いになります。

完全に詰まって封水が機能しなくなる前に詰まりを解消できるように、便器の中に見える水の量には常に目を光らせておいた方がよさそうです。

ラバーカップでも下水臭が解決しない場合は、詰まりがラバーカップでは対応できないほどひどくなっているか、故障や破損など他の原因が考えられますので、専門の業者さんを呼んで対応してもらいましょう。

トイレは毎日使うところですから、常に快適に使えるようにしておきたいで