浴槽のザラザラが落ちない!どうしたら落ちる お掃除・予防法

掃除

浴槽の表面に残ったザラザラって、気が付くと簡単には落ちなくなっていて、悩みの種ですよね?

良く洗ったつもりでも、意外と落ちきれないザラザラが残っているものです。

ゆったりとお風呂に入っている時にザラザラを見つけてしまったら、せっかくのバスタイムが台無しになってしまいますね。

あの落ちないザラザラを完璧に落としきるには、どうすればよいのでしょうか?

今回は、浴槽にしつこく残って落ちないザラザラを撃退する方法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

浴槽のザラザラの原因は?

浴槽に残ったまま落ちないあのザラザラの原因は何でしょうか?

ザラザラの正体は、体を洗った後に出るせっけんカスや皮脂、水道水の中に存在するカルシウムなどが一緒になったものです。

浴槽に入る前にきれいに体を洗ったつもりでも、完全には落ちきれないせっけんカスやシャンプーの泡、体からはがれる皮脂などがお湯の中に入ってしまいます。

それらの汚れが浴槽の表面についたものが、ザラザラの原因になるのです。

では、このザラザラって人体にとって何かよくない影響はあるのでしょうか?

浴槽のザラザラは身体によくない?放って置くとどうなる

浴槽のザラザラは、それだけでは人体に害があるという報告はないようです。

しかしながら、落ちないからといってザラザラを長期間放っておき汚れが積み重なると、それを餌にしたカビが発生する恐れがあります。

カビの胞子は、アレルギーや気管支炎、ぜんそくなどの原因になりますので、大量に発生すると健康を害する可能性があります。

また、お風呂に追い炊き機能がある場合、落ちないザラザラを放置したままにしておくと、追い炊きするたびに汚れが風呂釜内にたまり、雑菌が繁殖する原因にもなります。

風呂釜内にぬめりが発生すると人体に害になる怖い菌の温床にもなりますので、まずは浴槽内のザラザラはきれいに落として清潔に保ち、風呂釜も定期的に専用の洗剤できれいに洗うことをお勧めします。

残り湯も、落ちないザラザラの原因になるだけでなく菌類の爆発的な増殖につながりますので、極力残さないようにした方が無難です。

浴槽のザラザラを落とす時の注意点は

浴槽のザラザラを落とす時には、注意点がいくつかあります。

ザラザラの主な成分は、せっけんカスや皮脂、カルシウムですが、せっけんカスやカルシウムはアルカリ性の性質を持ち、皮脂は酸性の性質を持ちます。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使って、汚れを中和して落とすのが効果的ですが、浴槽の材質が大理石の場合、酸性の洗剤の使用は表面の劣化につながりますので、ご使用にならないでください。

また、いくらザラザラが落ちないからといって、硬い金属製のたわしや研磨剤などを使ってこするのも浴槽の表面を傷つける原因となり、かえって汚れが付きやすくなりますので、使用は控えた方が無難です。

浴槽のザラザラの効果的な落とし方・予防法は

それではなかなか落ちない浴槽のザラザラを効果的に落とすには、どうすればよいのでしょうか?

まずは、汚れを浮かすために浴槽内にシャワーで熱めのお湯をかけ、お風呂掃除用の中性洗剤をふきかけ、2~3分置いてからスポンジでこすります。

これで落ちるザラザラも多いのですが、これだけでは落ちない場合はクエン酸の出番です。

クエン酸は自然由来の成分で環境にやさしく、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使えるのがメリットです。

最近ではドラッグストアーや100均でも、使いやすいように最初からスプレーになったものが売っています。

粉末タイプのものをお使いになるようでしたら、スプレー容器に水200ミリリットルに対し小さじ1杯でクエン酸水を作り、スプレーして使うことができます。

浴槽内のザラザラにクエン酸水をスプレーしたあとキッチンペーパーを貼り、クエン酸水をザラザラに密着させます。

数十分放置した後シャワーで流し、クエン酸水とザラザラを落とします。

先ほども書きましたが、クエン酸は大理石の浴槽には使えませんので、ご注意くださいね。

落ちないザラザラの成分は、酸性の皮脂の汚れも含まれますので、クエン酸スプレーでも落ちない汚れには、アルカリ性の洗剤ならきれいに落とせる可能性があります。

アルカリ性の洗剤には、塩素系漂白剤や酸素系漂白剤などが挙げられますが、クエン酸と同様に自然由来の成分でできているセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダも、ドラッグストアーや100均でスプレータイプのものが手に入りますし、ご自宅で作る場合は、500ミリリットルの水に対して小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かし、スプレー容器に入れて使います。

セスキ炭酸ソーダ水を酸性の汚れにスプレーしてからキッチンペーパーを浴槽に貼り、数十分放置した後シャワーで流せば、ザラザラをきれいに落とすことができます。

クエン酸やセスキ炭酸ソーダは、入浴後のお湯にそのまま溶かし追い炊きをすれば、風呂釜を洗うこともできますし、浴槽のザラザラと一緒にお風呂のイスや洗面器、ふた、シャワーヘッドなどの汚れのつけおき洗いもできますので、お掃除がいっぺんに済んで手間いらずです。

ザラザラの発生を予防するには、浴槽に残り湯をせず、まめに表面の汚れを落とすことが大切です。

お掃除後に残った水分を放置すると、それだけで水道水に含まれるカルシウムが付着しザラザラのもとになりますので、水分はタオル等でよくふき取ることもザラザラの発生の予防につながります。

市販の洗剤を使うどんなものがいいの 特徴は

ザラザラ落としに市販の洗剤を使う場合は、洗剤の性質別に以下のように挙げられます。

1、 中性洗剤

あまりひどくない汚れなら中性洗剤で十分落とすことができるので、まめに掃除をするのに向いています。

バスマジックリン・ウタマロクリーナー・お風呂のルックなど

2、 アルカリ性洗剤

皮脂や水垢などの酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤が中和して落としてくれます。

スプレーした後こすらず水で流すタイプのものは、お掃除が楽で習慣化しやすいです。

酸性の洗剤と一緒に使わないでください。

スクラビングバブル 激泡バスクリーナーEX・ルックプラス バスタブクレンジングなど

3、 酸性洗剤

せっけんカスやカルシウムなどのアルカリ性の汚れを、酸性の洗剤が中和し落とします。

大理石の浴槽にはご使用できません。また、アルカリ性の洗剤、漂白剤とは一緒に使わないでください。

茂木和哉おふろのなまはげ・お風呂用ティンクル・サンポールなど

4、 塩素系洗剤

タイルの溝やゴムパッキンなどに生えたカビを分解しきれいに落とします。

カビキラー・強力カビハイター・カビホワイト 強力カビ除去スプレーなど

酸性の洗剤と一緒に使わないでください。

5、 洗剤以外の代用品

皮脂、水垢などの汚れは酸性ですので、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダ、せっけんカス、カルシウムなどの汚れはアルカリ性ですので、クエン酸、お酢などが代用できます。

これらの代用品は自然素材でできていますので、効き目が強力な洗剤では気になる方や、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えます。

まとめ

浴槽の落ちないザラザラを落とすには、ザラザラの汚れの種類や度合いによって、中性洗剤、アルカリ洗剤、酸性洗剤、塩素系洗剤を使い分けることができることがわかりました。

上記の4つを常備しておくと、どんな汚れにも対応できて便利ですね。

ご使用の際には、それぞれの使用方法を守って安全にご使用ください。

なるべくザラザラの軽いうちにお掃除することを習慣にしながら、ご自分なりのお掃除方法を確立してくださいね。