洋服のシミ取り時間が経ったよ!どうすればいいの

洗濯

大切な洋服にシミがついて、そのまま放置して時間が経ってしまったら・・・もう取れないかもと不安になってしまいますね。

洗濯しても取れないと諦めてしまう前に、おうちでセルフシミ抜きに挑戦してみましょう。

正しい手順で対処できれば、時間が経過してしまったシミもきれいに落とせる可能性があります。

今回は時間が経ったシミの落とし方ついて調べてまとめてみました。

洋服のシミ取りでのポイント

シミ取りには大切なポイントがあります。それは「ついてしまったシミに合わせて正しい方法で対処する」ということです。

シミには種類があります。それによって落とし方や使う道具が異なるので、シミの性質に合わせて対処法を変えることがシミ取りのポイントになります。

シミには種類がある

シミには大きく分けて「水溶性」と「油溶性」「不溶性」などのタイプに分けられます。

水溶性のシミ

コーヒーや紅茶、ジュース、ワインなどのシミ、醤油やソース、ケチャップなど調味料のシミです。

水溶性のシミは水に溶けやすい性質を持っています。通常の洗濯でも落ちる可能性もあります。

油溶性のシミ

ドレッシング、バター、アイスクリームやチョコレート、ミートソースなどの食べ物のシミ、油性ボールペンやクレヨン、口紅、ファンデーションなどメイク用品の油を含んだ汚れのシミ。

油溶性のシミは油に溶けやすい性質で、水洗いだけでは落ちないことが多いです。

不溶性のシミ

サビ汚れや泥汚れ、墨汁、接着剤、ガムなどのシミ。

不溶性のシミは水やお湯、油にも溶けにくい性質を持っています。かなり頑固なシミになりますので、きれいに落とすのは難しいと言われています。

シミには落とせるもの・落とせないものがある

洋服についたシミの中でも、落とせるものもあれば、どうしても落とせないものがあります。

ここではどんなものが落とせるシミか、または落とせないシミはどんなものか?まとめてみました。

落とせるシミ

「水溶性」の飲み物や調味料のシミや、「油溶性」の化粧品や油分を含んだ食べ物汚れのシミは比較的きれいに落とせます。

汚れがついてから対処する時間が早ければ早いほど、シミがきれいに消える可能性は高くなります。

落とせないシミ

シルクやレーヨンなどの水洗い不可の服は、無理にシミ抜きしてしまうと輪染みができたり、色落ちしたりしてしまいます。

すでに衣類の生地が傷んでいる場合も、それ以上対処するともっと傷めてしまう可能性は高くなります。

そういった場合は、信頼できるプロのクリーニング屋さんに相談してみるのも良いでしょう。

洋服のシミ取りに必要なものは

洋服のシミを落とすには、その種類によって使う洗剤が違ってくるので注意が必要です。

それぞれシミに合わせた必要なものを紹介しますので、参考にしてみてください。

水溶性のシミ

台所中性洗剤

タオル(汚れてもいいもの)

使わなくなった歯ブラシ

油溶性のシミ

クレンジングオイル(オイルタイプのみ)

台所中性洗剤

タオル(汚れてもいいもの)

使わなくなった歯ブラシ

不溶性のシミ

固形の石鹸

台所中性洗剤

時間が経った洋服のシミ取り方法は

シミをしばらく放置してしまうと、後で「なんのシミだったかな?」と分からなくなることもありますよね。

なんのシミかが分からないと対処方法も分からず、きれいに落とすことはできません。

そんな場合は、まずシミの正体を暴くためにクレンジングオイルやアルコールなどを少しだけつけて試してみてください。

シミがオイルで浮いてきたらそれは油溶性のものということが分かります。

それからシミのついた洋服が水洗いできるかも大切なので、試す前に洋服の洗濯表示のタグをチェックすることも忘れずに。(おけのマークがついていたら水洗いできます)

それでは、シミの落とし方をそれぞれの種類別に分けてご紹介します。

水溶性のシミの落とし方

ごしごしと力を入れずに、優しくシミの外側から中心に向かって行うことがポイント。

強くこすりすぎると生地を傷めるので注意が必要です。

頑固なものは1回で落ちないことも。同じ作業を根気よく数回繰り返すと少しずつ薄くなって落ちていくようです。

油溶性のシミの落とし方

1.シミの下に乾いたタオルをあてます。
2.シミの部分に直接クレンジングオイルを付けます。ここで注意することはシミ部分は水に濡らさないことです。
3.歯ブラシでシミの上から優しく叩いてオイルをなじませていく。
4.繊維の奥まで入り込んでしまったシミにクレンジングオイルをしっかり定着させるため、約5分ほど放置します。
5.オイルが浸透したシミに中性洗剤を直接かけて優しくもみ洗いしたあと、お湯で流していつも通り洗濯すれば完了です。

水に溶けにくく熱に溶けやすい性質があるので、水よりも40~60℃ほどのお湯で洗い流すと効果が上がります。

クレンジングオイルの油成分が残らないように、仕上げに中性洗剤を使ってしっかり洗い流すことを忘れないようにしましょう。

不溶性のシミの落とし方

1.台所中性洗剤をシミに直接かけ、その上から固形石鹸をこすって優しくもみ洗いします。
2.汚れが浮き出てきたらすぐに流水で洗い流す。
3.1~2の工程をシミが薄くなるまで続けます。
4.洗濯機でいつも通り洗濯すれば完了です。

不溶性のシミは落とすのが難しく、残念ながら自分ではシミ抜きできないこともあると思います。

この方法でも落ちないと感じたら決して無理をしないことが鉄則です。

まとめ

洋服について時間が経ったシミでも、丁寧に正しく対処すればきれいに落ちるものもたくさんあります。

今回ご紹介したシミ落とし方法は家庭にあるものばかりで出来ますので、ぜひ諦めずにチャレンジしてみてくださいね。